マルチメタルアルミニウムサンドイッチパネルの市場規模、2027年に114億米ドル到達見込み

マルチメタルアルミニウムサンドイッチパネルの市場展望 – 2020-2027年

マルチメタルアルミニウムサンドイッチパネルの市場規模は、2019年に75億米ドルとなり、2020年から2027年にかけて6.8%のCAGRで成長し、2027年には114億米ドルに達すると予測されています。

また、マルチメタルアルミニウムサンドイッチパネルの生産は、労働者が利用できないため、ロックダウン中およびその後に妨げられる可能性があります。UNIDOによると、COVID-19以前のマルチメタルアルミニウムサンドイッチパネル製造会社の従業員の30.0%~70.0%が、ロックダウン中の不確実性や収入の損失のために地元に戻っているとのことです。このような労働力の不足は、マルチメタルアルミニウムサンドイッチパネルの年間生産量に直接影響を与えることが予想されます。

マルチメタルアルミニウムサンドイッチパネルとは、軽量のコアの側に低密度のコアと薄いスキン層の3層で構成された構造体です。航空宇宙、建築、建設、機関車・自動車、船舶、工業、化学、石油・ガスなど、高い構造剛性と軽量化が求められる用途に使用されています。これらのパネルは、サンドイッチ構造の複合材料の一例であり、その強度と軽さから、広く普及している技術です。このサンドイッチパネルの構造は、古典的なIビームに似ており、2枚のフェースシートが主に面内および横方向の曲げ荷重に抵抗します。EPS(発泡ポリスチレン)、グラスウール、ポリウレタンを芯材としたマルチメタルアルミニウムサンドイッチパネルは、広く市場に出回っています。

マルチメタルアルミニウムサンドイッチパネル市場の成長要因としては、迅速で経済的な建設技術への需要の高まりと、発展途上国における建設産業の成長が挙げられます。中国、インド、ブラジルなどの発展途上国では、急速な工業化により都市化が進み、その結果、これらの国では建設やインフラ開発活動が大幅に急増しています。集合住宅の建設、商業ビルの建設、新たな経済特区(SEZ)の設立は、近年、常に高い水準にあります。インド政府が農村部や都市部に住む人々に住宅を提供するために開始した「Housing for All」や「Smart City Projects」などのイニシアチブにより、建設業界におけるマルチメタルアルミニウムサンドイッチパネルの需要が急増すると予想されます。また、新興国では経済特区が拡大しており、経済特区内に工場を設立する様々な企業が使用するマルチメタルアルミニウムサンドイッチパネルの需要が急増することが予想されます。これらの要因により、予測期間中、発展途上国の建設業界やその他の様々な業界からマルチメタルアルミニウムサンドイッチパネルの需要が急増すると考えられます。

しかし、原材料費の変動が、マルチメタルアルミニウムサンドイッチパネルの市場成長を妨げると予測されます。マルチメタルアルミニウムサンドイッチパネル市場の成長は、その製造に必要な原材料の価格上昇のために制限されています。これらのパネルの製造に利用される主な原材料はアルミニウムであり、アルミニウムの製造に使用される原材料はアルミナです。中国は世界最大のアルミナ生産国です。米国との貿易戦争の中で中国政府が実施した規制によるアルミナ価格の上昇と供給不足により、世界中でアルミニウムの生産が抑制されており、最終的には、市場における価格の変動と原材料のアルミナの入手難易度の上昇により、マルチメタルアルミニウムサンドイッチパネルの生産が阻害されると予想されます。この要因は、予測期間中の市場の成長を抑制すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]