産業用センサー市場規模、2027年に354億7,000万米ドル到達見込み

産業用センサー市場の展望 – 2027年

産業用センサーの市場規模は、2020年から2027年にかけて9.77%のCAGRで成長し、2019年の188億1,000万米ドルから2027年には354億7,000万米ドルに達すると予想されています。産業用センサーは、環境中のイベントや変化を検出し、その後、対応する出力を提供するデバイスです。これらのセンサーは、ファクトリーオートメーションやインダストリー4.0において重要な役割を果たします。モーションセンサー、環境センサー、振動センサーは、機器の状態を監視するために使用され、直線的または角度的な位置決め、傾きの検出、水平調整、衝撃や落下の検出などを行います。

工業用センサーは、光、熱、動き、水分、圧力などの物理的な入力を感知し、ディスプレイに出力したり、電子的に情報を送信して処理を行うものです。

工業用センサーは、水位監視システム、環境モニタリング、人工照明の省エネ、機器の故障診断などの用途に使用されます。

産業界のあらゆるニーズに対応するため、多種多様なセンサーが用意されています。ミッションクリティカルな産業用アプリケーションでは、産業用センサーは、プロセスを改善し、比類のない資産保護を提供することができます。センシング技術とその様々なアプリケーションは、技術の進歩とビジネスニーズに合わせて常に進化しています。センサーは、距離、熱、圧力など、現実世界のさまざまな特性を検出することができます。

また、工業用センサーは、物理量、化学量、生物量を正確かつ再現性よく測定するために使用されます。その信頼性の高さから、ヘルスケア、インフラ、製造など、さまざまな業界で広く採用されています。さらに、スマートグリッド、スマートホーム、スマートウォーターネットワーク、インテリジェントトランスポーテーションなどのインフラシステムは、モノのインターネット(IoT)の概念でつながっており、そこにはセンサーが多用されています。

産業用センサー市場を牽引する要因としては、モノのインターネット化やインダストリー4.0の普及、産業オートメーション化の進展などが挙げられます。センサー技術は、圧力、温度、流量、ガス、位置、湿度などのパラメータに関する重要な情報を提供し、多くのプロセスやシステムに多大な影響を与えるため、幅広い産業分野で不可欠なものとなっています。現代のインダストリー4.0では、さまざまな産業分野で製造や産業オートメーションが改善されています。いくつかのセンシングデバイスは、デバリング、グラインディング、ポリッシング、サンディングなどのロボットプロセスを強化します。 

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]