ソフトロボティクスの市場規模、2027年に34億1,000万米ドル到達見込み

ソフトロボティクスの市場規模は、2019年には5億7,380万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて30.7%のCAGRを記録し、2027年には34億1,000万米ドルに達すると予測されています。ソフトロボティクスは、建設用ロボットのサブフィールドとして特別に設計されたもので、再プログラム可能で多機能かつ多用途なシステムを、センシング動作にインテリジェントにリンクさせて提供します。さらに、ソフトロボティクスのベンダーは、硬い部品で作られたロボットよりも安全に製造プロセスに関わり、身近な環境に適応できるような方法で、材料、部品、巨大なアクティブ構造を開発しています。

ソフトロボティクス技術は、機械的、アルゴリズム的なロボット設計の複雑さを解消できる可能性があります。さらに、ソフトロボティクスは、組織工学を組み合わせて、医療用途に使用されるハイブリッドシステムを製造することができます。さらに、ソフトロボティクスは、ロボットの用途に応じて、ロボットグリッパー、医療用ロボットなどに分けられます。

ソフトロボティクスとは、生体組織に近い機械的特性を持つ素材を用いて特別に設計・製造されたシステムです。現在では、製品のサプライチェーンを革新するために、小売、食品・飲料、物流、ヘルスケアの各分野に広がっています。さらに、ソフトロボティクスは、周囲の状況を感知して適応する能力を備えているため、エンドユーザーは製造プロセスの柔軟性と適応性を高めることができます。

ソフトロボティクス業界は、ヘルスケア分野におけるスマートインフラの急速な発展を背景に、予測期間中に成長が見込まれています。世界のソフトロボティクス市場は、物流や小売業界におけるIoTやAIベースの技術の導入の急増によって牽引されることが予想されます。それにより、より生き生きとした動きや体を提供します。さらに、ロボットの筋肉は、製造業の分野で使用される最も一般的なアプリケーションの一つです。これらの要因を考慮すると、世界のソフトロボティクス市場は将来的に急成長すると推定されます。

工業化・自動化の進展や、外骨格のイノベーションの増加も、世界のソフトロボティクス市場の成長を促す要因の一つです。しかし、発展途上国ではソフトロボティクスのコストが高いことが市場成長の大きな課題となっています。さらに、中小企業向けのロボット技術の革新は、世界のソフトロボティクス市場に有利な機会をもたらします。

COVID-19で打撃を受けたセグメントの一つは、製造業です。COVID-19の出現により、2020年の市場の成長率は低下し、2021年の市場は比較的緩やかな成長を示しています。ソフトロボティクス市場は主に、COVID-19のパンデミックの中で生じた、原材料の入手可能性、契約上の義務、プロジェクトの遅延やキャンセルなど、物流・製造業におけるいくつかの障害によって打撃を受けました。COVID-19は、消費量の減少により、食品・飲料製造業の成長に影響を与えました。その結果、世界のソフトロボティクス産業の需要が減少しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]