静水圧プレスの市場規模、2027年に79億7,000万米ドル到達見込み

静水圧プレスの市場規模は、2019年に58億1,000万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは6.0%を記録し、2027年には79億7,000万米ドルに達すると予測されています。

静水圧プレスとは、流体(水や油など)や気体(一般的にはアルゴン(Ar))の圧力を利用して、材料を全方向から均一に押圧し、密度の均一性を最大限に高めて改質するシステムです。静水圧プレス加工は、高温でも常温(低温)でも行うことができます。

冷間静水圧プレスは、初期コストが正当化されない非常に大きくて複雑なスペアパーツの製造に使用されます。熱間静水圧プレスは、冷間静水圧プレスと似ていますが、高温で行われます。さらに、均一な密度分布は、世界的な静水圧プレスシステムの成長の主な要因となっています。さらに、静水圧プレス技術は、人為的なエラーを取り除くことができるため、プレス時の欠陥を減らすことができます。

静水圧プレスは、3Dプリント部品に低浸透性材料が求められることから、自動車、ヘルスケア、航空宇宙・防衛産業での使用が一般的です。さらに、静水圧プレスは、金属の密度を高め、金型のコストを削減することができます。さらに、アイソスタティックプレスは、ボール、チューブ、ヒューズチューブ、照明用チューブ、スパークプラグ用絶縁体など、さまざまなセラミック製品を提供します。開発サイクルの短い製品に対する需要の高まりが、今後数年間の静水圧プレス市場の成長を促進すると予想されます。

静水圧プレス業界は、ヘルスケア分野で製造サイクルの短い製品の需要が急増していることから、予測期間中に成長が見込まれています。さらに、自動車分野では、低コストのスペアパーツ製造技術の需要が急増していることから、アディティブマニュファクチャリングや3Dプリンティング技術の需要が高まり、世界の静水圧プレス市場の成長を後押ししています。しかし、熱間静水圧プレスは、圧力容器や電気系統など5つの主要部品で構成されているため、初期投資が高額となり、発展途上国における静水圧プレスの需要を阻害しています。

静水圧プレス市場におけるグローバルプレイヤーとの競争に関するリスクは、発展途上国の小規模な静水圧プレスメーカーにとって大きな課題となっています。防衛分野での積層造形技術の使用増加は、静水圧プレス技術に大きな機会をもたらすと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]