近距離無線通信(NFC)の市場規模、2028年に545億2,100万米ドル到達見込み

近距離無線通信市場の統計 -2028年

近距離無線通信(NFC)の市場規模は、2019年には155億3,100万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて14.8%のCAGRを記録し、2028年には545億2,100万米ドルに達すると予測されています。NFC(Near Field Communication)は、デジタルコンテンツの交換、取引、異なる電子機器との接続をよりシンプルにすることで、世界中の消費者の生活を便利で簡単にする近距離無線接続技術です。主にスマートフォン、ノートパソコン、タブレットで使用され、近距離でのデータ交換(最大10cm以下)を可能にしています。この技術は、マーケティングおよび決済アプリケーションに使用されていますが、チップ対応のモバイルマーケティング、発券、アイデンティティ&アクセス、ゲームなど、他の多くのアプリケーションでも使用されています。

COVID-19の大流行により、非接触型ソリューションの需要が高まり、近距離無線通信市場の成長率が大幅に上昇しました。これに加えて、医療用スマートパッケージでのNFC技術の利用拡大や、パンデミックによる新興医療アプリケーションでのNFC需要の急増などの要因が、市場に有利な成長機会をもたらしています。例えば、2020年5月、ブロックチェーン企業のSUKU社は、Avery Dennison社のSmartrac社と提携し、近距離無線通信(NFC)のRFIDタグを使用してCOVID-19テストキットとPPEをデジタル認証・検証しました。

製品タイプ別では、NFCリーダーセグメントが2019年に最も高いNFC市場シェアを示し、今後数年間もその優位性を維持すると予想されています。これは、その新たな用途に加えて、アクセスコントロールや認証アプリケーションにおけるNFCリーダーの需要が急増していることに起因しています。また、NFCリーダーはコンパクトなサイズで、アクセスコントロール、決済、大量輸送、出欠確認など様々な機能を提供します。しかし、NFCタグ分野は、決済やアクセスコントロールのアプリケーションからの需要が高いため、最も高い成長が見込まれています。

エンドユーザー別に見ると、2019年の世界のNFC市場シェアは、NFC技術を統合した革新的な家庭用電化製品の登場により、家庭用電化製品セグメントが独占しており、今後もその優位性を維持することが予想されます。しかし、患者の医療記録を把握するための近距離無線通信の採用が増加していることから、ヘルスケア分野が最も高い成長を示すと予想されています。各社は、ヘルスケア業界向けに、ウェアラブル近距離無線通信(NFC)タグなどの新しいイノベーションを発表しています。INFOSKINは、複数のアプリケーションを持つウェアラブルNFCタグで、自動タイムスタンプにより患者の活動を記録し、ヘルスケア・医療分野における患者記録の維持・更新を容易にすることで、患者ケアの向上に貢献します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]