衛星通信の市場規模、2027年に995億8,802万米ドル到達見込み

衛星通信市場の統計 – 2027年

衛星通信市場は、2019年に560億1,620万米ドルとなり、2027年には995億8,802万米ドルに達し、9.2%のCAGRを記録すると予測されています。  

人工衛星は、太陽系や宇宙を分析・予測するために、地球や他の天体の周りを周回しています。また、衛星はテレビ信号、電話、測位技術、軍事などの通信用途にも利用されています。衛星通信は、衛星から電波を送信し、地球上のさまざまな場所に設置されたアンテナやトランスポンダから情報を収集・処理することで実現されます。宇宙機関は、従来の信号通信システムに伴う最大距離の信号伝送の制約を克服するために、世界中で衛星の打ち上げを増やしています。人工衛星は、音声、ビデオ、データを世界の複数の場所に伝送するために、デジタルおよびアナログ信号を中継します。

新しい衛星技術の開発の増加は、予測期間中の世界の衛星通信市場の成長を促進すると予想されています。例えば、2021年4月、ノースロップ・グラマン社は、同社のミッション・エクステンション・ビークル2を商業衛星インテルサット10-02にドッキングすることに成功したと発表しました。Mission Extension Vehicle 2は、人工衛星の寿命を延ばすためのロボット宇宙船です。

衛星通信市場のセグメント

衛星通信市場は、アプリケーション、コンポーネント、最終用途産業、地域に分かれています。アプリケーションに基づいて、市場は音声通信、放送、データ通信に分けられます。コンポーネントに基づいて、さらに機器とサービスに分けられます。最終用途産業に基づいて、市場は海事、航空宇宙・防衛、産業、政府、輸送・物流、メディアに分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分かれています。

COVID-19の影響

COVID-19の急速な蔓延は、必須原材料のサプライチェーンの混乱により、2020年の世界の衛星通信市場に大きな影響を与えました。COVID-19のパンデミックは、生産量の低下、原材料の入手不能、物流の課題など、衛星通信業界にいくつかの課題をもたらしました。海事、航空、通信はパンデミックの影響を最も大きく受けた産業の一つであり、当初は投資の減少が見られました。今後も多くの課題が待ち受けていますが、コロナウイルスは市場にとっていくつかのポジティブな動きを加速させました。例えば、中国をはじめとするいくつかの国では、衛星通信サービスを利用して、地域の地理情報とCOVID-19感染者のデータベースを接続することで、感染しやすい地域や感染力の高い地域の人口統計を把握することができました。COVID-19のワクチン接種率が世界的に上昇していることから、このパンデミックによる世界の衛星通信ビジネスへの影響は緩和されると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]