自動車アナリティクス市場、2027年に72億7,451万米ドル到達見込み

自動車アナリティクス市場の統計 – 2027年

自動車アナリティクス市場は、2019年に18億4,356万米ドル、2027年には72億7,451万米ドルに達し、CAGRは24.3%を記録すると予測されています。収益貢献度が最も高かったのは欧州で、2019年には5億7,372万米ドル、2027年には21億5,689万米ドルに達すると予測され、CAGRは23.6%となっています。

COVID-19パンデミックの蔓延は、通勤規制や2020年に予想される市場参加者の業績低迷により、世界の自動車アナリティクス市場にマイナスの影響を与えています。パンデミックによる経済的な影響は、戦略的なコスト削減計画を準備している企業に現れています。しかし、自動車のコネクティング技術へのニーズの高まりや自律走行車の普及により、2021年には市場は回復し、2022年には勢いを増すと予想されます。

自動車アナリティクスは、車両からのリアルタイム情報を追跡する技術であり、OEM、車両所有者、保険会社などのエンドユーザーは、車両の現在の状態や関連する操作活動に関するリアルタイムの洞察を得ることができます。さらに、自動車アナリティクスソリューションから生成されたデータインサイトは、車両活動を操作するための統合的なインプットを与えるため、自律型モビリティやV2X(Vehicle to Everything)の基盤となります。近年では、V2X技術の普及率の高まりや、テクノロジーに精通した人口の増加により、コネクテッドモビリティ技術が大きな影響力を持ち、それが自動車アナリティクス市場の成長を支えています。

自動車におけるコネクティビティ・ソリューションのトレンドの高まり、スマート・フリート・マネジメント・ソリューションのためのクラウドベースのテクノロジーの利用の増加、自動車の安全性とセキュリティに対する関心の高まりなどの要因が、市場の成長を促進すると予想されます。しかし、導入コストの高さや、データ通信に関するセキュリティ上の懸念が市場成長の妨げとなっています。市場参加者が競争上の優位性を得るために、OEM、保険会社、フリートオペレーターと戦略的パートナーシップを結んでいること、半自律・自律走行車の開発が進んでいること、発展途上国からの需要が増加していることなどが、市場の成長を促進する要因と考えられます。

世界の自動車アナリティクス市場は、アプリケーション、展開、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。アプリケーション別では、ディーラーのパフォーマンス分析、ドライバーとユーザーの行動分析、予知保全、安全・セキュリティ管理、交通管理、利用者ベースの保険に分類されます。導入形態では、オンプレミスとクラウドに分けられます。エンドユーザー別では、OEM(相手先商標製品)メーカー、保険会社、自動車ディーラー、規制機関、フリートオーナーに分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]