保険業向けIoTの市場規模、2027年に3,043億1,000万米ドル到達見込み

保険業向けIoT市場の展望 – 2027年

保険業向けIoTの市場規模は、2019年に86億3,000万米ドルとなり、2020年から2027年にかけてCAGR 57.1%で成長し、2027年には3,043億1,000万米ドルに達すると予測されています。

2020年のコロナウイルスによる様々な分野への破壊的な影響を受けて、多くの保険サービス提供会社は、商品ポートフォリオの革新を含む様々なビジネス戦略やマーケティング戦略を採用し、顧客のニーズに応じたより高度で適切なソリューションを打ち出そうとしています。例えば、テリットは2020年7月に、Bluetooth low energyモジュールと802.11nを統合した高セキュリティ・低消費電力のIoTモジュール「WE310F5」を発売しました。このモジュールは、保険会社がデータ収集や消費者とのデータ共有のスピードを向上させるのに役立ちます。

保険業向けIoTとは、保険会社がIoTデバイスを使用して、保険会社の重要なデータを収集、送信、共有することを指します。さらに、IoTデバイスは、保険サービスプロバイダーがリスク管理に関連する理解を深め、従業員や組織の生産性を向上させるのにも役立ちます。さらに、IoTデバイスは、保険金請求管理サービスの向上、迅速なリスク管理サービスの提供、保険金請求決済管理サービスにおける組織の運営コストの削減など、エンドユーザーにさまざまなメリットをもたらします。

世界の保険業向けIoT市場の成長を促進する主な要因としては、様々なソースからデータを受信するために企業がIoT製品を採用していることや、自動車や輸送部門でテレマティクスデバイスの採用が増加していることなどが挙げられます。

また、保険会社が業務効率を向上させるためにIoT技術への投資を増やしていることも、世界市場の成長を後押ししています。しかし、顧客の個人情報のセキュリティとプライバシーの問題や、IoTデバイスを使用するための労働者のスキル不足が、保険業向けIoT市場の成長を妨げています。 一方で、保険業界では機械学習や人工知能などの先進技術の導入が進んでおり、予測期間中に世界の保険業向けIoT市場の拡大に向けた収益機会を提供することが期待されています。

2019年の保険業向けIoT業界では、損害保険(P&C)セグメントが優勢であり、予測期間中もその優位性を維持すると予測されます。これは、自動車や旅行業界でコネクテッドデバイスやテレマティクスデバイスの使用が増加していることや、P&C保険サービスプロバイダーがIoT技術を急速に導入して収益機会を拡大していることが理由です。

さらに、生命保険・医療保険は、スマートウォッチ、スマートフォン、フィットネストラッカーなど、インターネットに接続された医療機器の導入が急速に進んでいるため、予測期間中に大幅なCAGRで成長することが見込まれています。これらの機器は、ユーザーのデータを収集したり、ユーザーの行動やライフスタイルを追跡したりするために常に使用されており、世界市場の拡大に有利な機会を提供することが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]