クリアブライン液の市場規模、2027年に13億米ドル到達見込み

クリアブライン液の市場展望 -2020-2027年

クリアブライン液の市場規模は、2019年には10億米ドル、2020年から2027年までのCAGRは3.6%で成長し、2027年には13億米ドルに達すると予測されています。

クリアブライン液とは、石油・ガス産業において掘削や坑井仕上げ用の流体として使用される塩水です。水溶液中に固形物を含まず、塩化物、臭化物、ギ酸塩を主成分としています。掘削、シェールガス、石油、深海に関連する活動で広く使用されています。これらの流体は、様々な密度で市販されています。油田アプリケーションでは、完成、ドリルイン、ワークオーバー、パッカー液として広く使用されています。これらの流体は、単独で使用することも、他の塩水と混合してマルチソルト流体を形成することもできます。マルチソルトブレンドは、低コストで高い流体密度を実現します。マルチソルトブレンドとしては、塩化物/臭化カルシウム、塩化ナトリウム/臭化ナトリウムが一般的です。また、粘土や頁岩の抑制剤としても適しています。透明な塩水は、石油の探査と生産において重要な役割を果たしています。これらは、深海や超深海の生産に使用するために開発されています。

原油や天然ガスの需要が世界的に増加していることが、クリアブライン液の使用を促進する主な要因となっています。ガソリン、ディーゼル、天然ガスなどの主要な原油製品は、先進国だけでなく発展途上国でもエネルギー源として利用されています。そのため、上流工程から始まる石油・ガス産業全体が、世界の先進国や発展途上国にとって重要です。油田・天然ガス田の探査は終わりがなく、新たな油田の発見につながります。これらの油田で地理的な調査が行われると、掘削やその他の生産関連活動の準備が整います。したがって、主にアジア太平洋地域と中東での陸上および海上での新規坑井建設が、予測期間中にクリアブライン液市場の需要を牽引すると予想されます。さらに、クリアブライン液の使用は、油田の操業コストを下げ、生産量を増やすために必要です。クリアブライン液は、ドリルイン液、坑井仕上げ液、ワークオーバー液として使用されます。これらの要因がクリアブライン液市場の成長を促し、クリアブライン液の市場規模を拡大させています。

太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーへの関心の高まりは、石油・ガス産業にとって大きな脅威となっています。例えば、欧州は代替エネルギーの導入に積極的で、ドイツやフランスなどの欧州連合(EU)加盟国は、太陽エネルギー、風力エネルギー、潮力エネルギーを利用したエネルギーへの移行を進めています。その結果、石油や天然ガスの消費量が減少しています。そのため、各国が再生可能エネルギーへの移行を進めるにつれて、油田用化学品の需要は予測期間中に減少すると予想されます。このことは、予測期間中、世界のクリアブライン液市場の抑制要因となることが予想されます。

しかし、シェールガスの生産量の増加は、世界のクリアブライン液市場に恩恵を与えており、その他の非在来型天然ガスへの注目の高まりは、予測期間中に世界のクリアブライン液市場に新たな機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]