ビッグデータセキュリティ市場規模、2027年に542億3,700万米ドル到達見込み

ビッグデータセキュリティ市場統計 – 2027年

ビッグデータセキュリティの市場規模は、2019年に137億2,000万米ドル、2020年から2027年にかけて18.8%のCAGRを記録し、2027年には542億3,700万米ドルに達すると予測されています。ビッグデータセキュリティとは、クラウドとオンプレミスの両方で、データと分析プロセスを、その機密性を損なう可能性のあるあらゆる要因からガードする処理のことです。企業はビッグデータの導入を進めており、強力なアナリティクスを用いて意思決定を促し、機会を特定し、業績を向上させています。しかし、データの使用量や消費量が大幅に増加しているため、ビッグデータのセキュリティに関する懸念が生じています。しかし、ビッグデータの導入は、主にストレージと管理の問題をもたらし、これが主に市場の成長を抑制しています。

ビッグデータセキュリティ市場は、COVID-19の大流行後に成長すると予想されています。これは、新型コロナウイルスが世界中に急速に広まったため、多くの企業がリモートワークや在宅勤務に切り替えざるを得なくなったためです。これにより、オンライン活動の活発化とサイバー攻撃の増加に伴い、大量の生データが生成されることになりました。

2019年、世界のビッグデータセキュリティ市場のシェアは、データセキュリティとアナリティクス分野が独占しており、今後もその優位性を維持すると予想されます。これは、ウェブやクラウドベースのプラットフォームの導入などのテクノロジーの発展により、セキュリティの必要性が高まり、市場の成長に貢献したためです。さらに、データ損失を減らすための実用的なインテリジェンスの導入や、ネットワークベースのパラダイムの優先化なども、市場の発展を後押しする要因となっています。データのバックアップとリカバリーは、最も急速に成長しているセグメントとして浮上すると推定されます。データのバックアップとリカバリーの重要性は、作成・保存するデータ量と同じです。組織にはウイルスによる非常にセンシティブなデータがあり、ファイルの破損によってデータが失われることもあります。この現象を軽減するために、企業はデータのバックアップとリカバリーソリューションの導入に力を入れており、これがデータのバックアップとリカバリー市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]