スマートカードの市場規模、2027年に155億7,000万米ドル到達見込み

スマートカード市場の展望 – 2027年

スマートカードの市場規模は、2019年に101億9,000万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは6.2%で成長し、2027年には155億7,000万米ドルに達すると予測されています。スマートカードは、コンタクトパッドに内蔵されたメモリまたはマイクロコントローラーのいずれかを含む物理的なカードです。スマートカードは、近距離無線通信(NFC)や無線自動識別(RFID)のような物理的に直接接触する規格によって、リーダーに接続されます。スマートカードは、記憶された情報の安全性を確保するために暗号化されており、一般的に耐タンパ性を持つように設計されています。マイクロコントローラーチップを搭載したスマートカードは、カード内の処理機能を実現し、チップのメモリ内のデータを操作することができます。

スマートカードは、クレジットカードやその他の決済カードなど、さまざまな用途に使用されています。これらのカードは通常、クレジットカードやその他の種類の支払いカード、政府の身分証明書や企業カード、交通機関の運賃支払いカードなど、安全で迅速な取引を実現し、個人のデータを保護する必要があるアプリケーションで使用されます。また、電子パスポートやビザなどの法的文書として使用されることもあります。また、SIM(Subscriber Identity Module)カードは、マイクロコントローラーを使ったスマートカードの一種であり、携帯電話などで広く使われています。

世界のスマートカード市場は、予測期間中に大きな成長が見込まれています。急速なデジタル化、キャッシュレス取引の急増、ヘルスケア分野での需要の高まりなどの要因が、スマートカード市場の成長を促進しています。しかし、セットアップコストの高さや、データの盗難やセキュリティへの懸念が、世界のスマートカード市場の大きな阻害要因となっています。さらに、ブロックチェーンによって実現されたユーザーの情報セキュリティの新しいモードが、スマートカード市場に機会をもたらすと予想されます。スマートカードは、暗号キーを効率的に管理することで、ブロックチェーンアプリケーションにおける安全で効率的な取引を可能にします。

セグメント概要

世界のスマートカード市場は、タイプ、エンドユーザー、地域に分けられます。タイプ別では、接触型、非接触型、デュアルインターフェースに分けられます。また、エンドユーザーによって、BFSI、テレコミュニケーション、ヘルスケア、政府、運輸、その他に分けられます。

地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分けられます。アジア太平洋地域は、通信製品の需要の高まりと急速なデジタル化を背景に、スマートカード市場を席巻しています。また、アジア太平洋地域は、予測期間中に大きな成長率を示すことが予想されます。さらに、北米は後続の地位を占めており、予測期間の終わりまでに成長率を高め、欧州がそれに続くと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]