環境用LiDARセンサーの市場規模、2027年に6億5,380万米ドル到達見込み

環境用LiDARセンサーの市場展望 – 2027年

環境用LiDARセンサーの市場規模は、2019年には2億4,930万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて15.1%のCAGRを記録し、2027年には6億5,380万米ドルに達すると予測されています。LiDARセンサーシステムは、地理空間の表面の高精細な3Dデータをキャプチャするのに役立つ新しい技術です。レーザー技術の革新は、LiDAR製品の価格是正につながります。都市住民の需要と嗜好の変化により、従来の軍事用途に加えて、より新しい環境用LiDARの用途が生まれています。3Dイメージング技術の高度化により、LiDARシステムによるコリドーマッピング活動が増加しています。

世界の環境用LiDARセンサー市場の成長を促進する主な要因は、画像解像度におけるLiDARシステムの自動処理能力の向上と、他の技術に比べて迅速なデータ処理能力です。環境用LiDARセンサー市場の成長を補完するその他の要因としては、様々なアプリケーション分野での3Dイメージング技術の需要の高まりや、場所や歴史的な詳細を探索・検出するための航空LiDARシステムの採用の増加などが挙げられます。

2019年には2D LiDARセグメントが最大の収益貢献者であり、2020年から2027年にかけて14.8%のCAGRで成長することが予想されています。これは、フィールドモニタリングアプリケーションの需要が増加していることに起因します。このようなモニタリングアプリケーションは、環境の質に関する情報を生成し、環境が悪化しているのか、改善しているのか、あるいは変化していないのかを分析するために非常に重要です。設置タイプ別では、2019年には地上型LiDARが収益の最大貢献者となり、2020年から2027年にかけてCAGR14.7%で成長すると予想されています。これは、高解像度のデータを取得する必要性の高まりと、プラットフォームの安定性と金銭的投資の少なさに起因しています。また、都市人口の増加やスマートシティの出現などを背景に、都市計画が改善されていることも、市場の需要を押し上げています。

セグメント概要

世界の環境用LiDARセンサー市場は、技術、設置タイプ、サービス、アプリケーション、地域別に分類されています。技術ベースでは、市場は2D LiDAR、3D LiDAR、4D LiDARに分けられます。設置タイプ別では、エアボーンLiDARとグランドベースLiDARに分類されます。サービス別では、航空測量と地上測量に分類されます。アプリケーションを基準にすると、森林管理、海岸線管理、大気汚染、水質汚染、農業、その他に分けられます。

地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分類されています。2019年は、北米セグメントが最も高い収益貢献度を示しました。また、北米セグメントは、世界の環境用LiDARセンサー市場のトップの投資ポケットとして機能しています。これは、先端技術の開発が進んでいることに加えて、環境保護庁(EPA)、自然保護団体、米国研究評議会などの組織の支援を受けて、国民の間で環境保護に関する意識が比較的高まっていることに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]