オーディオIC市場規模、2027年に455億7,000万米ドル到達見込み

オーディオIC市場の展望 – 2027年

オーディオIC市場規模は、2019年に277億2,000万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは7.09%で、2027年には455億7,000万米ドルに達すると予測されています。収益貢献度が最も高かったのはアジア太平洋地域で、2019年には100億6,000万米ドル、2027年には176億8,000万米ドルに達すると予測され、CAGRは8.0%となっています。オーディオICは電子チップであり、オーディオプロセッサ、MEMSマイクロフォン、オーディオアンプ、サブシステムとして使用されます。オーディオICには、オーディオアンプ、オーディオコンバータ、オーディオDSP、オーディオプロセッサなどの種類があります。

オーディオアンプICは、ホームオーディオ、楽器、スピーカ、サウンドリインフォースメントなどのサウンドシステムに使用されます。アンプの目的は、周波数や波長に影響を与えることなく、信号の振動を最大限に高め、システムの効率化を図ることにあります。また、DSP(Digital Sound Processor)は、音声信号処理、通信、デジタル画像処理、レーダー、ソナー、音声認識システム、携帯電話、ディスクドライブ、HDTVなどの家庭用電化製品に広く使用されている特殊なマイクロプロセッサチップです。

家庭用電化製品の普及と、ユーザーエクスペリエンスを向上させたエネルギー効率の高い新しいオーディオ機器の開発が、オーディオIC市場の成長を牽引しています。さらに、ワイヤレスおよびスマートインフラの導入の増加、商業イベントにおけるHi-Fiオーディオの需要の急増が、市場の成長を促進しています。しかし、オーディオシステムオンチップ(SoC)の需要が増加し、オーディオ機器の統合に伴う技術的欠陥や問題が、世界のオーディオIC産業の主な阻害要因となっています。また、車載用メディアエンタテインメントシステムの需要の増加やVR技術の発展は、オーディオIC市場にチャンスをもたらすと予想されます。

セグメント概要

世界のオーディオIC市場は、ICタイプ、アプリケーション、地域別に分類されています。ICタイプ別では、オーディオアンプ、オーディオDSP、オーディオコーデック、マイクロフォンICに分けられます。アプリケーション別では、コンピュータ&タブレット、電話、ヘッドフォン、ホームエンタテインメントシステム、自動車、スマートホーム&IoTデバイス、ウェアラブルに分けられます。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分けられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]