自動車用スイッチの市場規模、2027年に432億6,920万米ドル到達見込み

自動車用スイッチ市場統計 – 2027年

自動車用スイッチの市場規模は、2019年に286億5,610万米ドルとなり、2027年には432億6,920万米ドルに達すると予測され、CAGRは7.6%を記録しています。

COVID-19の発生により、世界各国の政府はウイルスの蔓延を抑えるために、厳重なロックダウンを実施し、社会的な距離を置くことを必須としました。このような事態を受けて、自動車メーカーは操業の一部または全部を停止せざるを得なくなり、自動車用スイッチ市場にも影響を与えています。このような状況下、2020年の自動車販売台数の減少は、自動車用スイッチの売上に大きな影響を与えました。自動車用スイッチは、動作寿命の特定期間後に交換する必要があり、走行制限が自動車用スイッチの交換需要に影響を与えています。

世界の自動車業界は、ここ数年で大きな変化を遂げています。乗客の安全性と快適性に対する要求がますます高まり、自動車メーカーは、新しい技術やプロセスを効率的に取り入れることで、新しいデザイン体験を形成することに絶え間なく注力しています。機械部品から電子部品への劇的な変化は、自動車用スイッチの需要を予測期間内に大幅に強化することが予想されます。

自動車用スイッチは、自動車の基本コンポーネントの一つです。自動車に搭載されている電気機器全体を制御します。自動車用スイッチは、自動車の照明や自動車内のほぼすべての作業を管理する上で重要な役割を果たしています。また、エンジンの始動・停止やその他の自動車機能にも使用されています。世界的に見ても、技術革新の進展やカーアクセサリーの装着に対する需要の高まりが、予測期間中の自動車用スイッチ市場の成長を後押しすると考えられます。

自動車用スイッチ市場は、タイプ、デザイン、車両タイプ、販売チャネル、地域に分かれています。タイプ別では、イグニッションスイッチ、HVACスイッチ、ステアリングホイールスイッチ、ウィンドウスイッチ、オーバーヘッドコンソールスイッチ、シートコントロールスイッチ、ドアスイッチ、ハザードスイッチ、マルチパーパススイッチ、その他にさらに分類されます。デザインにより、ロッカースイッチ、ロータリースイッチ、トグルスイッチ、プッシュスイッチ、その他のスイッチに分類されます。車種別では、乗用車、小型商用車、大型商用車に分類されています。また、販売チャネルに応じて、相手先商標製品メーカーとアフターマーケットに分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]