ヘルスケアファブリック市場規模、2027年に374億米ドル到達見込み

ヘルスケアファブリックの市場展望 – 2020-2027年

ヘルスケアファブリックの市場規模は、2019年に159億米ドル、2020年から2027年までのCAGRは13.0%で成長し、2027年には374億米ドルに達すると予測されています。

ヘルスケアファブリックの主な目的は、組織内の汚染や病原体・病気の感染のリスクを低減することです。ヘルスケアファブリックは、防水性、高い柔軟性、難燃性、耐歪性、抗菌性などの特性を備えているため、高い需要があります。ヘルスケアファブリックは、ヘルスケア業界の様々な用途のために特別に作られています。これらの生地は、医療・衛生用途で使用するために作られたものです。ポリプロピレン、ポリエステル、綿、ビスコース、ポリアミドなどの繊維が使用されています。ヘルスケア産業で使用される繊維には、抗菌性、耐火性、非アレルギー性、非発がん性などの特性が求められます。

医療用繊維産業の中で、最も急速に成長している分野の一つがヘルスケアファブリックです。この分野の成長は、発展途上国における医療・ヘルスケア施設の出現に支えられています。

ヘルスケアファブリックは、入院患者数の増加に伴い、細菌性疾患の蔓延や拡大を防ぐために、主に病院で使用されています。生理用ナプキン、赤ちゃん用おむつ、大人用おむつなどの個人衛生用品への支出が増加していることに加え、品質や性能の向上を目指した継続的な技術革新が世界市場を牽引すると予想されます。さらに、世界中で働く女性の数が増加していることや、地方でも生理用ナプキンの使用を奨励する政府のキャンペーンが、予測期間中にヘルスケアファブリック市場を牽引すると予想されます。

しかし、関税控除率のわずかな低下が市場拡大の妨げとなる可能性があります。生理用ナプキンの代替品として月経カップが利用できることが、ヘルスケアファブリック市場の成長を制限すると予想されます。また、製品開発は、市場リーダー間の競争を激化させることにより、ハイエンド商品の市場への導入に寄与しています。

ヘルスケアファブリック市場のセグメント

世界のヘルスケアファブリック市場は、原材料、生地タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。原材料別では、市場はポリプロピレン、綿、ポリエステル、ビスコース、ポリアミド、その他に分類されます。生地タイプ別では、市場は不織布、織物、編み物に分類されます。用途別では、衛生用品、ドレッシング用品、衣類、毛布・寝具、椅子張り、プライバシーカーテン、その他に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]