タグマネジメントシステムの市場規模、2027年に1億7,232万米ドル到達見込み

タグマネジメントシステム市場統計-2027年

タグマネジメントシステムの市場規模は、2019年に6億3,577万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは13.0%で成長し、2027年には1億7,232万米ドルに達すると予測されています。 Webサイトは企業の非常に重要な構成要素であり、顧客体験の向上やマーケティング戦略に非常に価値のある顧客データを収集するために使用されています。タグマネジメントシステムは、マーケティング担当者がデジタルマーケティングにおけるタグの管理、維持、実装に使用するソフトウェアです。ウェブページ、ビデオ、アプリのタグを管理するために使用されるシステムです。このソフトウェアは基本的に、様々なデジタルプラットフォームから訪問者の購買行動情報を収集し、すべてのタグの決定を維持・管理するプロセスを簡素化するために使用されます。

世界中でCOVID-19の感染者数が増加したことにより、一般市民が長時間家にいることを余儀なくされる世界的なロックダウンが発生し、オンラインバンキングやオンラインショッピングなどの様々なタスクを実行するためのウェブベースのプラットフォームの使用が増加しています。これにより、小売店やショッピングモールの閉鎖に伴い、タグマネジメントシステムの導入や計画的な投資が大幅に増加し、小売店やEコマース企業の間でタグマネジメントシステムの導入が進んでいます。

コンポーネント別に見ると、2019年のタグマネジメントシステム市場全体ではツールセグメントが優勢で、予測期間中もこの傾向が続くと予想されています。これは、競合他社に対する戦略的な優位性だけでなく、競争上の優位性を得るために、企業の間でタグマネジメントシステムの導入が増加していることに起因しています。また、タグマネジメントシステムは、Webサイトの利用者がブランドサイトに迅速かつ容易にアクセスできるようにし、それを通じてマーケティングチームが購入者の行動や関心に関するデータを容易に管理・収集できるようにすることで、市場の成長を促進しています。しかし、サービス分野が最も高い成長を見せると予想されています。これは、タグマネジメントシステムがウェブサイト上のユーザーの行動を効果的に監視し、ビジネスオーナーと顧客の関係を維持することで、サービスに利益をもたらすからです。これらのサービスを採用することで、新規事業の立ち上げを迅速化し、既存のマーケティングリソースを最適化することでその価値を最大化し、マーケティングおよび配信コストを最小限に抑えることができるため、市場の成長を促進します。

組織規模に応じて、2019年には大規模企業セグメントがタグマネジメントシステム市場のシェアを占めており、予測期間中もこの傾向が続くと予想されます。このセグメントの成長は、マーケティングサービスや顧客行動の分析など、このシステムが大規模企業に提供する数多くのメリットに起因しており、その結果、ブランドなどのマーケティングコストを削減することができます。一方、中小規模の企業では、クラウド型タグマネジメントシステムの導入が進んでおり、これが世界市場の成長に大きく寄与していることから、今後数年間で最も高い成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]