電気自動車の電池交換市場、2030年に8億5,260万米ドル到達見込み

電気自動車の電池交換市場の統計 – 2030年

電気自動車の電池交換市場は、2020年に1億米ドル、2030年には8億5,260万米ドルに達し、24.4%のCAGRを記録すると予測されています。

電気自動車の電池交換ステーションとは、電気自動車の放電した電池や電池パックを、すぐにフル充電されたものと交換できる場所のことで、車両の電池が充電されるのを待つ時間を短縮することができます。

電池交換ステーションは、1回の電池交換に要する時間が10分以内で、充電ステーションに比べて設置スペースが小さいため、走行距離に対する不安を解消するための迅速なソリューションとなります。さらに、電池の所有権を分離することで、電気自動車の高額な初期費用を削減することができるBaaS(Battery-as-a-Service)も、電池交換業界で注目されているソリューションです。さらに、電池交換は、顧客がエネルギーの対価のみを支払うことで、自動車のダウンタイムと取得コストを削減します。

COVID-19インパクト分析

COVID-19の急速な普及は、世界の自動車産業に大きな影響を与え、新旧の自動車の需要が低迷しました。現在の世界的な経済状況や市場のセンチメントの影響は、主要プレイヤーのビジネスに直接影響を与えます。多くの課題が待ち受けていますが、COVID-19はいくつかの有益なトレンドを加速させる可能性があります。例えば、2輪車や3輪車などの一部のセグメントでは、電動化が進むと予想されます。また、ラストマイル・デリバリー、ライド・ヘイリング、レンタルなどの様々なユースケースの成長により、シェアード・モビリティも増加する可能性があります。OEMメーカーやその他のステークホルダーは、将来に備えて、変化した市場環境をしっかりと理解することで、電気自動車の電池交換市場における戦略を更新することができます。

電気自動車の需要が増加していることに加え、公共の充電施設が十分に整備されておらず、電気自動車の充電時間が短縮されていることが、市場の成長を促進すると予想されます。しかし、電池技術やデザインの差別化、電池交換ステーションの初期設定や運用コストの高さが市場の成長を妨げています。さらに、共有型e-モビリティの急速な出現や、市場参入企業による革新的で高度な電池交換モデルやサービスの導入などが、予測期間中の電気自動車用電池交換市場の成長に有利な機会を提供する要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]