ビデオアナリティクスの市場規模、2027年に217億7,800万米ドル到達見込み

ビデオアナリティクス市場統計:2027年

ビデオアナリティクスの市場規模は、2019年に41億200万米ドル、2020年から2027年にかけて22.7%のCAGRを記録し、2027年には217億7,800万米ドルに達すると予測されています。ビデオアナリティクスとは、ビデオ監視中に生成、収集、または監視されたビデオコンテンツをコンピュータで処理し、自動的に分析することです。ビデオを監視しながら、ソフトウェアは、監視された環境のビデオアナリティクスを通じて、無関係な活動を無視しながら、人や物の属性、イベント、またはパターンや特徴を識別します。産業界でのビデオ監視、都市部での監視、ソーシャルメディアなどを通じて、大量の非構造化ビデオデータが生成されています。ビデオアナリティクスソフトウェアは、ユーザーがビデオデータから得た洞察を分析、整理、共有し、より良い意思決定に役立てることを可能にします。

2020年の新型コロナウイルスによる様々な分野への影響を受けて、多くのビデオアナリティクスベンダーは、製品ポートフォリオの刷新や、顧客のニーズに合わせたより高度で適切なソリューションの提供など、様々なビジネス戦略やマーケティング戦略を採用しています。例えば、2020年8月、AllGoVision社は、COVID-19パンデミックの中で、オフィスビル、公共エリア、産業、その他の公共・民間施設における人々の安全性を高めることを目的としたAllSafeビデオアナリティクスを発表しました。さらに、2020年7月には、ビデオアナリティクス市場の大手企業の1つであるCisco Meraki社が、ビデオアナリティクス分野での能力を拡大するためにModcam社の買収を発表しました。

コンポーネント別に見ると、2019年のビデオアナリティクス市場シェアでは、ソフトウェアセグメントが最も高い収益貢献をしています。これは、あらゆる種類の物理的脅威や不審な活動から敷地内やあらゆる施設を監視するニーズが高まっていることに起因します。また、正確な画像分析、リアルタイム処理、複数の視覚的入力、精度の向上などが、ビデオアナリティクスソフトウェアの需要を促進する要因となっています。しかし、様々な業界でデジタル技術の導入が進んでいることや、充実したサービスの提供が求められていることから、サービス分野が予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されています。ビデオアナリティクスサービスは、プロジェクトのコンサルテーション、設定、インストール、セキュリティモニタリングなど、必要不可欠なセキュリティサービスを提供することで、ビデオアナリティクス市場の成長を促進します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]