自動車用ロギングデバイスの市場規模、2027年に174億6,000万米ドル到達見込み

自動車用ロギングデバイス市場の展望 – 2027年

自動車用ロギングデバイスの市場規模は、2019年に127億3,000万米ドル、2020年から2027年にかけて4.1%のCAGRを記録し、2027年には174億6,000万米ドルに達すると予測されています。自動車用ロギングデバイス(ELD)は、自動車のプロドライバーの労働時間を監視または追跡するために、自動車に使用される電子ハードウェアです。ELDは、自動車のエンジンに取り付けて同期させることで、重要な情報を収集することができます。これらは、車両の動き、車両の走行距離、車両のエンジン状態に関する情報を収集するための主要なアプリケーションを定義しています。

自動車用ロギングデバイスの生産活動は、オペレーションや労働力が限られているため、全体的に減少しています。これは、世界市場におけるこの技術の全体的な売上に直接影響を与えています。

最近の新しい技術動向は、自動車用ロギングデバイス市場を押し上げています。例えば、現在、自動車用ロギングデバイスはスマートフォンと接続されており、これによりスマートフォンに情報が表示され、問題が検出されることが期待されます。また、自動車ロギングデバイスのスマートフォンアプリには、車両情報の記録をプログラムするものがあり、ドライバーのセキュリティ、コンプライアンス、安全管理に貢献しています。

自動車用ロギングデバイスシステムは、車両部品の健全性を定期的にチェックするのに役立ちます。また、ドライバーの行動や車両の状態を追跡・監視するのにも役立ちます。基本的に自動車用ロギングデバイスは、位置情報、エンジン性能、労働時間を追跡し、時間、日付、性能の記録も保持します。

自動車用ロギングデバイス市場は現在、成長段階にあり、近い将来、大幅な成長が見込まれています。市場成長の要因としては、自動車需要の増加、政府規則によるサービス時間の記録と遵守のための自動車ロギングデバイスの車両への搭載の義務化、輸送・物流のデジタル化の進展、車両状態のモニタリングに関するトレンドと技術の上昇などが挙げられます。

米国、英国、ドイツ、中国、日本などの主要国では、車両の状態を監視・報告し、ドライバーの安全を確保するELD装置を採用しています。例えば、ヨーロッパや北米の国々では、2017年12月から米国やカナダなどの国で規制の枠組みが導入されたことにより、市場が急速に成長しています。米国運輸省の連邦自動車運送業者安全局は、すべての自動車運送業者がすべてのトラックと商用バスにELDを使用することを義務付ける規則を提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]