ATVおよびUTVの市場規模、2027年に119億5,000万米ドル到達見込み

ATVおよびUTVの市場統計 – 2027年

2017年のATVおよびUTVの市場規模は76億米ドルで、2020年から2027年までのCAGRは6.7%を記録し、2027年には119億5,000万米ドルに達すると予測されています。

ATV(All-terrain Vehicle)とは、4本の低圧タイヤとハンドルバーを装着した車両のことです。操縦性やオフロード性能に優れており、軍事、調査、林業、農業、スポーツなどの分野で活躍しています。これらは扱い方がかなり異なり、トレーニングが必要です。通常はオフロードで使用されますが、公道での使用を許可している地域も少なくありません。遠隔地へのアクセスや、物資や機材の運搬に便利なことから、ここ数年で人気が高まっています。また、輸送に使われる動物の代わりになることも期待されています。これらの車両は、軍や海兵隊、陸軍の地上部隊でも使用されています。

COVIDインパクト分析

ウイルスの急速な蔓延は、世界の自動車産業に大きな影響を与え、それがATV・UTV市場にも影響を与え、自動車の需要が低迷しています。現在の世界的な経済状況や市場心理の影響は、主要プレーヤーのビジネスに直接影響を与えます。おそらく2021年にこの分野のビジネスにとって最も差し迫った課題は、最近のパンデミックの影響の程度を評価することでしょう。2020年には、健康関連の緊急事態のために短期的な操業停止に陥ったメーカーもありました。一方で、これらのレクリエーション製品の需要が急増し、在庫不足が散発的に発生しました。

アドベンチャースポーツやレクリエーション活動の増加、軍事活動におけるATVやUTVの採用、ATVやUTVの道路走行を支援する政府の規則などの要因が、ATV・UTV市場の成長を後押ししています。しかし、地形の損傷やATV・UTVのメンテナンスコストの高さから、野生動物の生息地でのATV・UTVの走行が禁止されていることが、市場の成長を妨げています。さらに、より安全なATV・UTVの生産は、世界のATV・UTV市場にとって将来の顕著な成長機会となっています

世界のATVおよびUTV市場は、車両タイプ、排気量、燃料タイプ、アプリケーション、エンドユーザーバーティカル、地域に基づいて分類されています。車両タイプにより、市場はATVおよびUTVに二分されます。排気量別では、400cc未満、400~800cc、800cc以上に分類されます。燃料タイプ別では、ガソリン式、ディーゼル式、電気式、ソーラー式に分類されます。用途別には、ユーティリティー、スポーツ、その他に分類されます。エンドユーザーの垂直方向では、農業、軍事、登山、その他に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]