アルミニウム押出成形の市場規模、2027年に1,187億米ドル到達見込み

アルミニウム押出成形市場の展望 – 2020-2027年

アルミニウム押出成形の市場規模は、2019年に778億米ドルとなり、2020年から2027年にかけて5.4%のCAGRで成長し、2027年には1,187億米ドルに達すると予測されています。

アルミニウム押出成形市場は、労働人口の減少やプロジェクトの遅延が原因で、急速に縮小しています。一方で、自動化や軽量化された電気自動車の普及により、有利な市場機会が期待されています。

アルミニウムの押出成形は、ダイに設けられた開口部を利用してアルミニウムを成形するプロセスです。押出工程では、ラムがアルミニウム製品をダイの形状に沿って押し出し、ダイの形状と同じ形になって出てきます。押し出された製品は冷やされた後、ストレッチャーに移され、完全にまっすぐになります。基本的にアルミの押出成形には、中空、半中空、中実の3つの形状があります。アルミニウム押出成形は、建築・建設、自動車・輸送、電気などの分野で幅広く使用されています。

様々な産業における軽量で耐久性のある押出成形製品の需要の増加が、予測期間中のアルミニウム押出成形市場の成長を牽引すると予想されます。アルミニウムは軽量で重量に対する強度が高いため、重量を減らして強度を高めることができる大規模な建設物や建物に最適です。アルミニウム製品は、高い引張強度と高い剛性を有しているため、変形に対して高い耐性を持っています。また、アルミニウム押出成形製品は耐食性が高いため、電気・電子・医療分野での需要が見込まれています。アルマイト処理や粉体塗装を施すと、アルミニウムの酸化物層が厚くなるため、鉄や鋼とは異なり、高い耐腐食性が得られます。そのため、様々な工業製品のメンテナンスコストの削減につながります。しかし、初期設定費用が高く、生産効率が低いため、アルミニウム押出成形市場の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。押出工程が遅いため、連続生産ができないのです。

しかし、柔軟なデザインへの需要が急増していることから、アルミニウム押出成形市場のプレーヤーにとっては有利な機会となることが予想されます。アルミニウム押出成形では、様々な形状やサイズの押出成形製品を同じ設備で生産することができます。

世界のアルミニウム押出成形市場は、製品とエンドユーザーに基づいて分類されます。製品ベースでは、ミルフィニッシュ、アルマイト加工、粉体塗装に分けられます。エンドユーザー別では、建築・建設、電気・電子、自動車・輸送、工業、その他に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]