ヘアコンディショナーの市場規模、2027年に104億7,200万米ドル到達見込み

ヘアコンディショナーの市場規模は、2019年に84億6,710万米ドル、2021年から2027年にかけて4.2%のCAGRを記録し、2027年には104億7,200万米ドルに達すると予測されています。

ヘアコンディショナーは、髪の見た目や手触りを良くするために使用されるヘアケア製品で、洗髪中に失われた天然オイルなどの物質を補うのにも役立ちます。ヘアコンディショナーの安全性は、安全で適切な成分を使用することで確立されます。また、頭皮や目に対する刺激性も評価されます。また、製品の安全性を確保するために、品質保証や適正製造基準を遵守することも重要です。ヘアコンディショナーは、FDAの検査を受けて、起こりうる目の刺激の種類と程度を判断するとともに、製品が汚染されていないか、通常の使用では汚染されないかを確認する必要があります。

ヘアコンディショナーは、髪にツヤを与え、髪の毛をなめらかにし、柔らかな感触を与える保湿剤です。髪をしっかりと洗った後に必要な潤いを与えてくれます。さらに、コンディショナーは水分バランスを回復させます。シャンプーは汚れや油分、汚染物質を除去して髪をきれいにするので、コンディショナーはシャンプーの後に使います。コンディショナーは、失われた水分を補い、髪の繊維を落ち着かせるために、優れたシャンプーの後に使用される髪の保護剤と似ています。髪の密度、成分、質感が異なるため、コンディショナーによって髪のニーズが異なり、その結果、ヘアケア業界で最も高い市場シェアを獲得しています。

艶やかな髪には健康な頭皮が欠かせないという消費者の認識の高まりにより、スカルプケア製品に対する消費者の関心が高まっています。その結果、髪の健康を取り戻し、髪の強度や弾力性を高めたいと考える消費者の間で、スカルプケア製品の需要が高まっています。そのため、ヘアコンディショナーの市場規模は最大となります。髪の保護と栄養補給のためのリーブイン・トリートメントやマスクの人気が高まっており、シャンプーの後に使用するリーブインコンディショナーの売上が急速に増加しています。また、現在のヘアコンディショナー市場の傾向として、身だしなみを整えることを重視する20~30代の女性の間でヘアコンディショナーの使用率が著しく高いことが挙げられます。さらに、消費者のペースの速いライフスタイルにより、髪や衛生の管理を簡単かつ迅速に行える新製品への需要が増加しています。これは、ブランドにとって長期的に利益を得る機会となっています。

ヘアコンディショナー業界では、ヴィーガン(完全菜食主義者)やクルーエルティフリー(動物実験を行わない)製品への需要が高まっており、ブランド側もそれに対応しています。しかし、「ヴィーガン&クルーエルティフリー」のトレンドを支える消費者層は、健康や安全への懸念に加えて、環境に配慮した製品を求めています。ヘアコンディショナーでは、植物由来の成分やミネラル由来の成分など、天然の代用品が人気を集めています。その結果、ヘアコンディショナーの主要ブランドは、製品のポジショニングを改善し、長期的な売上を高めるために、製造手順から動物実験を積極的に排除しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]