ココア市場規模、2027年に155億100万米ドル到達見込み

ココア市場の概要 -2027年

ココアの市場規模は、2019年に128億7,400万米ドル、2021年から2027年にかけて4.3%のCAGRを記録し、2027年には155億100万米ドルに達すると予測されています。

ココアまたはカカオ豆は、もともとアメリカ大陸の赤道付近に生息する熱帯植物Theobroma cacao(カカオの木)の種子です。ココアはカカオの木の種子を乾燥・発酵させたもので、そこからココアリカーが作られます。このココアリカーから、ココアバター、ココアパウダーが生産されます。ココアリカーは、チョコレートを製造するための主要な原料です。ココアリカー、ココアバター、ココアパウダーなどのココア製品は、菓子類の製造、飲料の香味料としての使用、さまざまな食品のトッピング、ベーカリーのフィリングとしての使用など、幅広く使用されています。また、ココアは化粧品、ヘルスケア、医薬品、栄養補助食品の分野でも香料や着色料として使用されています。ココアは、その香りと味からトイレタリー製品にも使用されています。さまざまな業界でココアの用途が拡大していることが、予測期間中に世界のココア市場を推進する重要な要因の一つとなっています。

ココアは、チョコレートを作るための重要な原料です。世界のココア生産量の40%以上がチョコレートの製造に使用されていると推定されています。そのため、チョコレートの需要が高まっていることが、世界のココア市場におけるココアの需要を押し上げる重要な要因となっています。ココアから作られるチョコレートは、抗酸化物質やミネラルを豊富に含んでいます。また、チョコレートはカロリーが高いため、適度に摂取することで体重維持に役立ちます。また、チョコレートを摂取すると、コレステロール値が低下し、心血管障害のリスクが低下します。さらに、チョコレートはその香りと味から、古くから高級品として認識されています。これらの健康上の利点やチョコレートに対する消費者の認識が、ココアの需要を押し上げ、世界のココア市場の成長を促進するものと期待されます。

ココア市場のセグメント

ココア市場は、製品タイプ、プロセス、性質、品質、用途、地域に分かれています。製品タイプ別では、ココアバター、ココアリカー、ココアパウダーに分類されます。プロセスでは、ダッチプロセスとナチュラルプロセスに分別されます。性質に基づいて、オーガニックと従来型に分類されます。品質では、バルク、スペシャル、ファインフレーバーに分類されます。用途別では、製菓、食品・飲料、ベーカリー、その他に分類されています。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(オランダ、ドイツ、ベルギー、フランス、英国、イタリア、スペイン、スイス、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、マレーシア、インドネシア、シンガポール、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ブラジル、イラン、アラブ首長国連邦、その他のLAMEA)に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]