スポーツサングラスの市場規模、2027年に34億米ドル到達見込み

スポーツサングラスの市場規模は、2019年に31億米ドル、2021年から2027年にかけて6.8%のCAGRを記録し、2027年には34億米ドルに達すると予測されています。スポーツサングラスは、明るく高エネルギーの太陽光が目に不快感を与えたり、ダメージを与えたりするのを防ぐために設計された保護用アイウェアです。スポーツサングラスには、有害な紫外線を防ぐためのUVブロッカーや紫外線Bがコーティングされています。また、まぶしさを軽減し、コントラストを高めることでフィールドでの視認性を高めることができるため、多くの選手がスポーツサングラスを着用しています。

スポーツサングラスは、ポリカーボネート素材で作られた特殊なレンズで、耐久性、頑丈さ、そして運動中の目への安全性に優れているため、スポーツの現場で使用されています。さらに、これらのサングラスは、ガラスやプラスチックでできた従来のメガネレンズに比べて耐衝撃性に優れているため、水泳、サイクリング、マウンテンバイクなどのアクティビティで使用されています。これがスポーツサングラス市場の成長を後押ししています。スポーツサングラスは、プレーヤーの目を完全に保護できるように、通常のサングラスとは異なる形状やデザインになっています。

中国、インド、ナイジェリアなどの発展途上国では、Decathlon、アディダス、プーマ、ナイキなどのスポーツショップが拡大しています。これは、スポーツアパレルやスポーツ用品のトレンドの急増により、スポーツショップの数が増加しているためです。例えば、ボシュロム社は、ジョン・ジェイコブスというブランド名で、高級スポーツサングラス店をインドに6店舗展開しています。さらに、サイクリング、マウンテンバイク、トライアスロン、クリケット、ウォータースポーツなど、人々の関心を高める大規模なスポーツイベントが、市場の成長を促進しています。

スポーツサングラスは、メーカーの絶え間ない技術革新により、現在では技術的にも進化しています。これらのサングラスには、表面に傷がつきにくく、液体をはじく疎水性コーティングが施されています。さらに、最近のレンズは、飛散しにくく軽量なポリカーボネートとナイロンのレンズ素材で設計されており、快適性を高めるとともに、プレーヤーに優れた保護とカバーを提供しています。さらに、偏光レンズを使用したスポーツサングラスは、UVA/UVBの有害な影響を軽減するのに役立ち、これもスポーツサングラス市場の成長を促進します。しかし、ナイキ、アディダス、プーマなどのスポーツサングラスブランドの高価格と人気により、大規模な偽造品が発生しています。偽造ブランドは、通常、顧客が非常に価格に敏感な発展途上国で流行しています。偽造品は、低品質の材料を使用し、製品の価格を下げることで、ブランドイメージを低下させます。この要因は、市場における既存のオリジナルスポーツサングラスブランドの販売を妨げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]