スリーピングマットレスの市場規模、2027年に399億米ドル到達見込み

スリーピングマットレス市場は、2019年に332億米ドル、2021年から2027年までのCAGRは5.2%を記録し、2027年には399億米ドルに達すると予測されています。

スリーピングマットレスは、弾力性のある素材を単独で、または寝ることを目的とした他の製品と組み合わせて充填したベッドとして使用されます。スリーピングマットレス市場の成長は、ホスピタリティ施設や住宅の増加に伴うインフラ整備や可処分所得の増加などの要因が大きく影響しています。

不適切な睡眠サイクルのために、睡眠障害の有病率は驚くべき速さで増加しています。そのため市場関係者は、AIベースの技術を搭載したスマートマットレスの導入に注力しています。この技術は、ユーザーが眠っている間に、人間の健康状態、睡眠時間、呼吸パターンを検出するのに役立ちます。さらに、マットレスは、就寝者や環境に応じて温度を調整することができます。

しかし、偽造品は市場の大きな阻害要因の1つであり、オリジナル製品のブランドイメージを破壊しています。偽造者は、破損したマットレス、不良品、または偽物を有名ブランドの名前で販売し、高額な利益を得ています。そのため、販売された製品は長持ちせず、ブランドイメージを損なう結果となっています。逆に、偽造の規模を縮小し、企業や消費者のイメージに与える影響を減らすために多くの試みがなされてきましたが、その結果、直接的・間接的な業界の収益損失や雇用損失が一貫して続いています。

高級マットレスやカスタマイズされたマットレスの需要は近い将来増加すると予想されます。マットレスは顧客の生活の質を示すものであり、耐久消費財市場の製品に限らないからです。さらに、インテリアデザインのトレンドはピークに達しており、これがカスタマイズされたマットレスに対する睡眠用マットレス市場の需要を促進しています。

セグメントレビュー

世界のスリーピングマットレス市場は、製品タイプ、エンドユーザー、流通チャネル、地域別に分類されています。製品タイプ別では、フォーム、スプリング、ラテックス、ハイブリッドに分類されています。

エンドユーザー別では、住宅用と商業用に分類されます。販売チャネルによって、オンラインとオフラインに分類されます。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、英国、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、インド、日本、ASEAN、オーストラリア、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ブラジル、アルゼンチン、UAE、サウジアラビア、南アフリカ、その他のLAMEA)に分類されています。

製品タイプ別では、ハイブリッドタイプのマットレスが大きなシェアを占めています。ハイブリッドタイプのマットレスは、メモリーフォームやラテックス、スプリングによる快適な寝心地が特徴で、マットレスが沈み込まず、コイルの動きをコントロールすることで、健康的な睡眠をもたらします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]