自転車市場規模、2027年に286億6,730万米ドル到達見込み

2019年の自転車市場規模は202億8,000万米ドルとなりました。自転車市場の分析によると、2027年には286億6,730万米ドルに達すると予測されています。自転車市場は、2021年から2027年までのCAGRが4.8%の成長を予測しています。

自転車は環境に優しい移動手段であり、カーゴバイク、電動アシスト自転車、マウンテンバイクなど、さまざまな種類があります。自転車は操作が簡単で、最も安全な移動手段の1つと考えられています。さらに、「Go Out and Tour Somewhere」、「Easy Rider Bike Club」、「Road Soldiers Cycling Club」などの主要な自転車協会は、お客様のサイクリングへの関心を高めることを大きな目的としています。さらに、ヨーロッパや北米では、自転車を使ったスポーツが盛んに行われています。これは、Tour de FranceやLoToJaなどの大会の多くがこれらの地域で開催されていることに起因します。

自転車市場の成長は、可処分所得の増加と自転車への消費支出の急増が主な要因となっています。さらに、先進国では、安全性が高く、操作が簡単で、メンテナンスの手間がかからない電動アシスト自転車やカーゴバイクの需要が大きく伸びています。さらに、これらの自転車は運転免許を必要としないため、様々な年齢層のお客様がこれらの自転車を運転することができ、世界的に需要が高まっています。しかし、悪天候の中でのサイクリングは安全ではないため、自転車の使用は制限されています。また、電動アシスト自転車のバッテリーの耐久性が低いことも、市場の成長を妨げています。

COVID-19のパンデミックが発生しても、自転車市場には影響がありませんでした。むしろ、この世界的な健康危機の間、市場は顕著な成長を見せました。これは、消費者の健康意識の高まりと、運動や近距離移動のための経済的な手段として自転車が好まれたことによるものです。さらに、パンデミック時には、社会的な距離を置くなどの厳しい規制が実施されたため、個人がジムに集まることを避け、公共交通機関を利用して移動するようになり、これが自転車の需要を押し上げました。また、自転車は燃料費や交通渋滞の時間を節約できるため、通勤時に自転車を利用する人も増えています。

さらに、Tour de France、Vuelta a España、UCI Road World Championships、Paris-Roubaixなど、さまざまな自転車スポーツイベントが世界レベルで開催されるようになっています。これらのスポーツイベントは、アスリートや一般市民が自転車を導入するきっかけとなっています。これが、世界市場の成長に大きく貢献しています。

自転車市場は、タイプ別、販売チャネル別、エンドユーザー別、地域別に分類されます。タイプによって、市場は、貨物用電動自転車、非貨物用電動自転車、貨物用非電動自転車、非貨物用非電動自転車に分類されます。販売チャネル別では、オンラインプラットフォームと実店舗に分類されます。エンドユーザー別では、男性、女性、子供に分類されています。地域別では、北米(米国、メキシコ、カナダ)、欧州(ドイツ、英国、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、オランダ、スウェーデン、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、インド、日本、オーストラリア、韓国、マレーシア、インドネシア、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]