コラーゲンサプリメントの市場規模、2027年に30億1,760万米ドル到達見込み

コラーゲンサプリメントの市場規模は、2019年には18億2,760万米ドル、2027年には30億1,760万米ドルに達し、6.9%のCAGRを記録すると予測されています。2019年の市場シェアは、北米が最も収益貢献度が高く、7.1%のCAGRで成長すると推定されています。コラーゲンサプリメントの消費量では米国がトップで、予測期間中もこの傾向が続くと予想されています。

コラーゲンサプリメントは、食事から摂取するコラーゲンの不足を補うための栄養補助食品です。通常、動物や魚の骨や皮を原料としています。錠剤、グミ、粉末、ドリンクなど、さまざまな形態があります。コラーゲンのサプリメントは世界中で販売されており、医師の処方箋がなくても摂取することができます。コラーゲンのサプリメントは、皮膚や骨の健康を維持するために、ボディビルダーやフィットネス愛好家の間でとても人気があります。

コラーゲンサプリメントの需要は、購入者の間で安定しています。新型コロナウイルスの発生は、世界の市場の成長にわずかに影響を与えました。閉鎖措置の実施による生産量の減少により、コラーゲンサプリメントの販売量がわずかに減少しました。さらに、サプライチェーンの混乱は、世界市場への製品供給に若干の影響を与えています。

コラーゲンサプリメント市場の成長は、コラーゲンサプリメントの摂取に伴ういくつかの健康および美容上の利点に起因しています。例えば、コラーゲンサプリメントを摂取すると、乾燥やシワを減らして肌の健康状態を向上させることができます。また、筋肉量の増加や骨の健康状態の改善、関節痛の緩和なども期待できます。さらに、関節炎、関節リウマチ、その他の炎症性骨疾患などの病気の増加により、消費者や人々は自分自身を機敏に保つために特別なサプリメントを取り入れるようになっています。さらに、小売店のインフラが整備されたことにより、サプリメントが簡単に入手できるようになったことも、コラーゲンサプリメントなどの栄養補助食品の売上に貢献しています。しかし、コラーゲンサプリメントのコストが高いことや、菜食主義の普及が進んでいることが、コラーゲンサプリメント市場の成長を妨げる大きな要因となっています。その一方で、アジア太平洋地域やLAMEAなどの未開拓地域では、コラーゲンサプリメントの有益な効果についての認識が高まっており、世界市場に成長の機会をもたらすと期待されています。

コラーゲンサプリメント市場は、供給源、形態、販売チャネル、および地域に基づいて分類されています。ソースを基準にすると、市場は海洋・家禽、豚、牛に分けられます。形態では、錠剤・グミ、粉末、液体・飲料に分類されています。販売チャネルに基づいて、薬局、専門店、オンラインストアに分類されています。さらに、地域に基づいて、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、英国、フランス、イタリア、スペイン、その他欧州)、アジア太平洋(中国、インド、日本、オーストラリア、韓国、その他アジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、アフリカ、その他LAMEA)に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]