エビの市場規模、2027年に546億米ドル到達見込み

エビの市場規模は、2019年に316億米ドル、2021年から2027年までのCAGRは9.2%を記録し、2027年には546億米ドルに達すると予測されています。

エビは、すべての海洋生態系に生息する小型の無脊椎動物です。エビは海洋の食物網に欠かせない成分です。大型のエビ種は、人間が消費するために商業漁業で求められます。また、熱帯地域で養殖されているエビ種もあります。エビは雑食性の動物で、さまざまな植物や動物を食べます。逆に、サイズが小さく数も多いため、様々な捕食者にとっての獲物となります。

市場は、タイプ、供給源、形態、最終用途、流通チャネル、地域に分かれています。タイプに応じて、市場はピンク、ブラウン、ホワイト、その他に分類されています。ソースによっては、冷水と温水に分別されています。形態によっては、冷凍と缶詰に二分されます。最終用途によって、家庭用と商業用に分けられます。流通チャネル別では、ハイパーマーケット&スーパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店、オンライン販売チャネルに分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAで白エビ市場を分析しています。

タイプ別では、白エビは長期間ストックすることができ、飼料成長率が良いことから、白エビセグメントが2019年に最も高い市場シェアを獲得しました。ソースに応じて、冷水エビセグメントが今後数年間、市場を支配すると予想されています。これは、冷水エビにはオメガ3が豊富に含まれているなどの栄養学的特性があるためです。

エビの形態によると、冷凍エビの保存期間が著しく長いことから、2019年には冷凍エビセグメントが最大の市場シェアを占めました。用途別では、2027年には業務用セグメントが最大のシェアを占め、市場を支配すると予想されています。これは、シーフードを利用するホテルやレストランの増加によるものです。流通チャネル別に見ると、2019年は専門店セグメントが市場をリードしています。これは、専門店が割引などのオプションを提供するだけでなく、すぐに満足できるというメリットがあることに起因しています。地域別では、エビの市場予測によると、アジア太平洋地域が市場を支配すると予想されています。豊富な栄養成分とそれに伴う健康上の利点が、アジア太平洋地域でのエビの消費を促進する重要な要因となっています。

エビには、タンパク質、セレン、ビタミンB12が豊富に含まれています。また、リンや鉄も多く含まれています。さらに、発展途上地域の政府は、エビ養殖場からの投入量を向上させるための技術アップグレードに向けていくつかの取り組みを行っています。これらの取り組みは、小規模な産業を支援し、産業の発展過程に関わる恵まれない人々を助け、エビ市場の成長を促進すると期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]