培養肉の市場規模、2030年に2億7,810万米ドル到達見込み

培養肉の市場規模は、2021年には164万米ドル、2022年から2030年までのCAGRは95.8%を記録し、2030年には2億7,810万米ドルに達すると予測されています。

培養肉は試験管内食肉とも呼ばれ、人工肉のサブタイプで、組織工学技術や細胞農業によって生産されます。人間は、肉がオメガ3脂肪酸、ビタミンB12、タンパク質、鉄分の理想的な供給源として機能するため、必要な栄養を満たすために肉に依存してきました。試験管内食肉は、動物の筋肉細胞を採取し、培養液の中で成長・増殖させて実験室で育てます。

培養肉には、環境への影響が少ない、動物を飼育する必要がない、公衆衛生上のリスクが減少するなど、さまざまな利点があり、世界の培養肉市場の成長を後押ししています。培養肉は、タンパク質の代替製品と考えられます。消費者は、持続可能なライフスタイルを目指し、動物性タンパク質への依存度が低い、より栄養価の高い食生活に適応することに重点を置いています。また、動物性タンパク質にアレルギーを持つ人は、代替タンパク質の主要な消費者層であり、そのような人々の増加が培養肉市場の大きな推進力となっています。さらに、動物福祉や環境意識への関心の高まりが、培養肉の需要を押し上げると予想されます。近年、培養肉の商業生産は、食肉製品への需要の高まりに対応し、従来の食肉供給源への負担を軽減しており、これは動物福祉を支えるものと期待されています。製品市場は大きな成長が見込まれていますが、生産コストの高さが市場関係者にとって重要な課題となっています。生産工程では、細胞の成長を促すために成長培地を使用します。このステップには追加コストがかかるため、培養肉の生産には限界があります。

その一方で、科学者たちは生産コストの削減に積極的に取り組んでいます。実験室で培養された肉を製造しているFuture Meat Technology社は、価格を商業レベルまで下げようとしています。この目標を達成するためのスケジュールは、2020年から変更され、最近では2022年を目指しています。2013年にMosa Meat社が発表した最初のセルベースバーガーは、ほぼ40万ドルでした。現在は製造コストが高いですが、将来的にはコスト削減のためのプロセスを革新することで、この課題を解決できる可能性があることを示しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]