ペット用家具の市場規模、2027年に51億3,940万米ドル到達見込み

ペット用家具の市場規模は、2019年に34億4,340万米ドル、2021年から2027年にかけて6.5%のCAGRで成長し、2027年には51億3,940万米ドルに達すると予測されています。

ペット用家具とは、犬や猫など様々な種類のペットの要求に応じてメーカーが開発した家具のことです。ペットとは、労働力や家畜、実験動物としてではなく、主に人との交友や娯楽のために飼われる動物と定義されています。代表的なペットは、犬と猫です。他にも次のような動物が飼われています。ウサギ、フェレット、ブタ、スナネズミ、ハムスター、チンチラ、ラット、マウス、モルモットなどのげっ歯類、オウム、鳥類、カメ、ワニ、トカゲ、ヘビなどの爬虫類など。魚類、淡水・海水カタツムリ、カエルやサンショウウオなどの両生類、タランチュラやヤドカリなどの節足動物などの水生動物のペット。このような多種多様なペットが存在することから、ペット用家具市場は今後も成長が期待できる市場です。

ペット用家具は、アメリカやヨーロッパなどの先進地域で顕著に人気があり、速いペースで拡大しています。メーカーは、ペットの健康と快適性を考慮した新しい製品を開発し、飼い主が便利なライフスタイルを送れるようにしています。例えば、温度調節機能付きベッドや整形外科用ベッド、電熱ヒーター付きベッドなどの需要は、健康上の利点から顕著に増加しています。また、可処分所得の増加に伴い、ペットへの支出が増加していること、ペットの健康やフィットネスへの関心が高まっていること、この地域での需要が増加していることなどが、予測期間中のペット用家具市場の需要を促進する要因として挙げられます。

アジア太平洋地域では、デザイナーズプリントや高級ファブリック、フェイクファー、ウィッカーを使用したペット用家具や、ジュートやバナナの葉などの天然素材や環境に優しい素材を使用したペット用家具が消費者の間で人気を集めています。また、ペットフレンドリーなオフィスや旅行用のペット用家具も、近い将来に需要が高まると予想されます。ドーナツベッド、ボルスターベッド、ピローベッド、クッションベッド、アウトドアコットなど、夏場のベッドを涼しく保つためのジェルパックなども数年前から人気が出てきており、将来的にはこれらの製品がLAMEA地域でもトレンドになると考えられています。全地域において、ペット用家具はペット専門店やスーパーマーケット、ハイパーマーケット、オンラインショップなどで販売されています。犬と猫のセグメントは、他のペット用家具市場のセグメントと比較して、市場のパフォーマンスの鍵を握っています。コストパフォーマンスに優れたカスタマイズされた家具の登場、ペットケアへの関心の高まり、動物への医療費支出の増加、ペット用家具の膨大な種類などにより、世界的にペット用家具の需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]