リスクマネジメントの市場規模、2027年に288億7,000万米ドル到達見込み

リスクマネジメント市場の洞察 – 2027年

リスクマネジメントの市場規模は、2019年には73億9,000万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて18.7%のCAGRで成長し、2027年には288億7,000万米ドルに達すると予測されています。

リスクマネジメントソフトウェアの主な目的は、様々なタイプのコンプライアンスにより組織が直面する様々なタイプのリスクを綿密に監視し、制御することです。このソフトウェアの主な目的は、リスクを特定し、その影響を軽減し、効率的に管理することです。さらに、リスクマネジメントソフトウェアには、効率的な意思決定、現実的な期待、エスカレーション、リスクへの集中など、多くの利点があり、市場の成長を促進する要因となっています。

世界のリスクマネジメント市場の成長を促進する主な要因としては、企業におけるデータセキュリティ侵害の急増や、世界各国での政府による規制遵守の厳格化などが挙げられます。また、フィンテック業界でのリスクマネジメント導入の増加や、世界各地でのIoTの普及が、市場の成長にプラスの影響を与えています。しかし、ソフトウェアのインストールや設定が高コストで複雑であることや、リスクマネジメントが提供するセキュリティが低いことが、市場の成長を妨げています。さらに、発展途上国からの需要の増加と、リスクマネジメントにおける人工知能の統合が、予測期間中のリスクマネジメント市場の成長に大きな機会を提供すると予想されます。

予測期間中は、オンプレミス分野が大きなシェアを占めると予想されます。これは、セキュリティの向上やデータ盗難の問題を軽減するために、企業がオンプレミスベースのリスクマネジメントソリューションを採用するケースが増えているためです。しかし、アジア太平洋地域や中南米の発展途上国では、大企業や中堅企業がクラウドベースのソフトウェアを採用しているため、クラウド分野が予測期間中に最も高い成長率を示すことが予想されます。

地域別では、2019年のリスクマネジメント市場は北米が独占しており、予測期間中もその地位を維持すると予想されています。これは、セキュリティやサイバー攻撃に関連するさまざまな種類のリスクを管理するために、さまざまな銀行やフィンテック業界がリスクマネジメントソフトウェアを急速に採用していることに起因しています。しかし、アジア太平洋地域は、リスクマネジメントソフトウェアに関する政府規制が充実していることや、さまざまな業界でサイバー攻撃やデータ盗難の問題が増加していることから、予測期間中に著しい成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]