グラファイトコーティングの市場規模、2027年に9億米ドル到達見込み

グラファイトコーティングの市場展望 – 2020-2027年

グラファイトコーティングの市場規模は、2019年に6億米ドル、2020年から2027年までのCAGRは6.82%で成長し、2027年には9億米ドルに達すると予測されています。黒鉛の特性を改質するためのコーティング方法には、熱分解炭素、SiC、PTFE、メタクリル樹脂、アンチモンの含浸などがあります。黒鉛のコーティングには、耐腐食性、摩耗性や研磨剤に対するクリアランスコントロール、温度管理などのメリットがあります。熱分解炭素を混合した黒鉛コーティングは、表面が滑らかで、密度、強度、硬度が高く、気孔率が低いため流体やガスの透過性に優れています。SiC化合物を用いた黒鉛コーティングは、黒鉛粒子を効率的に封じ込めることができ、不活性ガスや化学物質の透過性を高めるとともに、硬度、酸化防止、熱伝導性などの利点があります。PTFEコンパウンドで黒鉛をコーティングしたものは、耐酸性に優れ、熱特性を低下させることなく気孔を無くすことができます。また、黒鉛にメタクリル樹脂を添加することでシール性が向上し、アンチモンを添加することで耐摩耗性が向上します。

グラファイトコーティングは、摂氏3,000度までの高温範囲で動作する必要のあるアプリケーションに効果的に使用することができます。また、破損した黒鉛トレイ、コンポーネント、フィクスチャの修理、サービスの充填、黒鉛製衣類の接着などにも使用できます。これらの要因により、予測期間中、世界のグラファイトコーティング市場の需要は増大すると予測されます。スプレー状の黒鉛コーティングは、金属、プラスチック、ゴム製品の潤滑などの用途で、グリース材を使用せずに広く採用されています。さらに、黒鉛コーティングの他の用途としては、硬質黒鉛断熱材、黒鉛フェルト、多孔質エッジ、炭素繊維複合部品のシールなどが挙げられます。これらが世界市場の成長要因となっています。しかし、黒鉛塗料に長時間さらされたり、黒鉛塗料を吸い込んだりすると、肺に傷がつくことがあります。さらに、胸の痛み、息切れ、腹痛、咳などの健康に関するその他の問題が、グラファイトコーティング市場の成長を妨げると予測されています。グラファイトコーティングの技術開発は、製品の用途を広げるために、次の期間に新たな機会を提供すると予測されます。例えば、金属基板上に純粋なグラファイトコーティングを施した金属製バイポーラプレートの新しい設計基準が開発されました。これらのプレートは、プロトン交換膜型燃料電池(PEMFC)に広く使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]