リトポンの市場規模、2027年に2億1,860万米ドル到達見込み

リトポンの市場規模は、2019年には1億6,980万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは3.3%で成長し、2027年には2億1,860万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19パンデミックにより、世界的に多数の建設プロジェクトが遅延しました。リトポンは道路標示用の塗料に使用されています。したがって、道路建設の遅れは、リトポンのような白色顔料の需要に打撃を与えました。

リトポンは、硫化亜鉛(ZnS)と硫酸バリウム(BaSO4)を共沈させて得られる無機白色顔料です。白色顔料として、TiO2に代わるコストパフォーマンスの高い製品です。リトポンの特性としては、高い輝度と紫外線照射下での性能が挙げられます。リトポンは、表面の最適な湿潤を得るために必要な湿潤剤の量が少なくて済みます。リトポンは、ZnSの量に基づいて商業的に等級付けされており、28%、30%、60%のZnSがあります。比較的安価な白色顔料であるリトポンは、現在、様々な塗料、ロードマーキング塗料、目地材、パテなどに使用されています。

リトポンは、バインダーの必要量が少ないため、塗料の流動性や塗布性に優れています。プラスチック加工業界では、プラスチックに添加することで、プラスチック製品の紫外線耐性を高め、屋外での寿命を延ばします。皮革業界では、硫化物ベースの白色顔料の一つです。また、リノリウム床材の製造にも使用されています。

塗料・コーティング業界の発展とプラスチック製品の増加は、リトポン市場の主要なドライバーのひとつです。リトポンは、品質を損なうことなく二酸化チタン(TiO2)の一部代替品として、エマルジョン塗料などの塗料やコーティングシステムに使用されています。プラスチック加工業界における白色顔料の需要は、予測期間中に成長すると予測されています。リトポンは、屋外用プラスチックや自動車用プラスチックなどの最終的なプラスチック製品の紫外線防止効果を高めるために、プラスチック樹脂システムに添加されます。リトポンは、ポリオレフィン、ビニル樹脂、ABS樹脂、ポリスチレン、ポリカーボネート、ナイロン、ポリオキシメチレン(POM)などのプラスチックの白色顔料として使用されます。紫外線が透過して製品やその外観にダメージを与えないようにするためです。

リトポン市場の主な阻害要因は、数多くの白色顔料の代替品の存在です。二酸化チタン(TiO2)やSachtolithなどの他の無機白色顔料で代替することができます。これらの代替品の中でも、TiO2の導入により、リトポンの白色顔料の商業的重要性は低下しました。他の白色顔料と比較して、TiO2は高い輝度と屈折率を持っているため、顔料の添加量が少なくて済みます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]