スマートセンサーの市場規模、2027年に913億7,000万米ドル到達見込み

2019年のスマートセンサーの市場規模は371億2,000万米ドルで、2020年から2027年までのCAGRは14.30%で、2027年には913億7,000万米ドルに達すると予測されています。スマートセンサーは、さまざまな操作の制御や監視をより適切に行うための重要な技術革新です。例えば、光、熱、動き、水分、圧力などの物理的な入力を感知し、ディスプレイに出力して応答したり、信号調整、組み込みアルゴリズム、デジタルインターフェースを使用して情報を電子的に送信し、さらなる処理を行います。これらのセンサーは、最小レベルのノイズで高精度の環境データを収集します。

スマートセンサーは、機械間通信や分析などの高度なITソリューションや、プロセスにとって重要な温度や圧力加速度の変動を測定するために使用されます。また、スマートグリッド、スマートシティ、スマートエンバイロメント(森林火災の制御、積雪の監視、地震の早期発見など)、自動車、防衛、スポーツ、エレクトロニクスなどの分野にも導入されています。

スマートセンサー業界は、現在成長段階にあり、今後も大幅な成長が見込まれています。これは、市場関係者による研究開発活動への投資が活発であること、社会がモノのインターネット(IoT)に注目していることが要因です。スマートセンサー市場の成長を促進するその他の要因としては、自動車や電子機器の需要の増加、スマートシティの開発などが挙げられます。エジソン財団によると、米国では2015年に6,500万台のスマートメーターが設置され、2016年には7,000万台に増加し、国内の半数以上の世帯を構成しています。このような大幅な導入を支えているのは、2009年の米国再生・再投資法(ARRA)で、電力会社や自治体が地域社会でスマートメーターのインフラ導入を開始することを奨励するスマートグリッド投資補助金(SGIG)プログラムへの資金提供が含まれています。

世界のスマートセンサー業界は、タイプ別、最終用途別、地域別に分類されています。タイプ別では、タッチセンサー、イメージセンサー、温度センサー、モーションセンサー、ポジションセンサー、圧力センサーに分かれています。最終用途別では、自動車産業、家電、産業、インフラ、ヘルスケア、その他に分けられます。

地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分けられています。 アジア太平洋地域は最大のセグメントであり、予測期間中に大きな成長率で発展することが見込まれています。これは、スマートフォンの普及や、住宅・商業・産業分野でのスマート家電の導入が進んでいることに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]