金庫・保管庫の市場規模、2027年に91億4,000万米ドル到達見込み

金庫・保管庫の市場展望 – 2027年

金庫・保管庫の市場規模は、2019年に58億2,000万米ドル、2020年から2027年にかけて8.1%のCAGRで成長し、2027年には91億4,000万米ドルに達すると予測されています。金庫や保管庫は、現金や文書、記録などの貴重品を保管することができる安全なストレージシステムです。これは、不正使用、盗難、自然災害、火災などから内容物を保護することを目的としています。通常、金属製の箱で構成されており、分厚い金属でできているため、力で破壊することは難しく、火災からも守ることができます。また、これらの金庫や保管庫を開けるためには、パスコードや数字のピン、パスワードなどが必要となります。

COVID-19の発生は、金庫・保管庫市場の成長にマイナスの影響を与えました。これは、消費者がおサイフケータイやプリペイドカード、非接触型決済などのデジタル取引ソリューションに傾斜しているためで、パンデミック時には市場の成長が阻害されることが予想されます。

貴重な財産の安全性に対する懸念の高まり、脅威レベルの高まり、小売店や商業銀行の増加、セキュリティ意識の高まりなどが、金庫・保管庫市場の成長を促進する主な要因となっています。しかし、デジタル取引ソリューションの普及が金庫・保管庫市場の成長を妨げています。逆に、スマートシティの成長と金庫・保管庫業界の新技術開発は、予測期間中の市場拡大に有利な機会を提供すると予想されます。

タイプ別では、2019年の金庫・保管庫市場は現金管理金庫セグメントがリードしており、予測期間中もその優位性を維持すると予測されています。急速に進化するインフラの安全構造、適用分野の増加、現金を多用する環境施設の増加、現金を数える時間や現金タッチポイント、管理費の削減を容易にする終日預金管理ソリューションの受け入れの増加、盗難や武装強盗からの保護の強化などにより、エンドユーザーの間で現金管理金庫の採用が継続的に増加しています。

しかし、サイバー攻撃の増加に伴い、機密性の高いデータをオフラインで保存する必要性が生じていることや、中小企業における個人情報保護の需要が高まっていることから、金庫・保管庫市場の予測期間中は、メディア用金庫の分野が最も高い成長率を示すと予想されています。

地域別に見ると、2019年の金庫・保管庫市場は北米が独占しており、予測期間中もその地位を維持することが予想されています。この地域の市場成長を促進する主な要因として、小売店舗数の増加が挙げられます。非銀行部門の小売店では、小額の支払いによって大量のキャッシュフローが発生するため、終日の預金を管理するためのスマート金庫の需要が高まりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]