フロック接着剤市場、2027年に29億米ドル到達見込み

フロック接着剤の市場展望 – 2020-2027年

フロック接着剤市場は、2019年に19億米ドルとなり、2020年から2027年にかけて5.70%のCAGRで成長し、2027年には29億米ドルに達すると予測されています。フロック接着剤は、ゴム、プラスチック、金属などの異なる基材を結合するために使用される結合材料です。接着剤のフロック化は、繊維粒子を静電的に接着剤層に組み込むことで行われます。この層を高密度の繊維がある表面にさらに塗布すると、何百万ものフロック繊維が形成されます。フロック接着剤は、繊維分野ではスプレーやブラシなど様々な方法で使用されており、また、スクリーン印刷や輪転印刷によってモチーフの形に塗布することもできます。また、機能性フロック接着剤は、グローブボックス、コイル状ケーブル、家具、ガラスケース、カーペットやマットなど、さまざまな用途に使用されています。

フロック接着剤をシステムに組み込むことで、力の伝達がスムーズになり、機械音の防止、環境音の低減、断熱性の向上などのメリットが得られます。さらに、環境にやさしい、弾力性がある、柔らかい、傷がつきにくい、安定しているなどの特徴があり、世界市場の成長を促進しています。 また、自動車、化粧品、工業、家庭、包装、繊維などの分野でフロック接着剤が使用されていることも、世界のフロック接着剤市場の成長要因となっています。また、自動車の快適性に対する消費者の嗜好の高まりや、自動車内装の品質レベルの向上も、フロック接着剤の需要を増大させる要因の一つと考えられます。フロック加工は、自動車業界で使用されるプラスチック製品の製造時に求められる品質、排ガス基準、臭気基準などの要求を満たすのに役立ちます。 したがって、フロック接着剤は、自動車業界のグローブボックス、コンソール、スライドエレメントなどの製造時に使用される材料の選択肢となります。繊維産業で使用されるフロック接着剤は、作業者がナイロンの微粒子にさらされる可能性があり、これらの微粒子を吸入すると間質性肺疾患を引き起こす可能性があります。また、アクリル系接着剤、馬鈴薯澱粉のアンモニウムエーテル、熱伝導オイル、タンニン酸、ゼオライトなど、その他の植毛剤の微粒子を吸い込むと、健康上の問題が発生する可能性があります。これらの要因は、予測期間におけるフロック接着剤市場の成長を妨げる要因となります。パッケージング分野は、世界市場において新たな機会を提供すると予測されています。これは、フロック接着剤が木質複合板のエッジのシーリングに使用されていることや、水性コーティングが使用されていることによるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]