ネットワークセキュリティの市場規模、2027年に633億9,800万米ドル到達見込み

ネットワークセキュリティ市場統計 – 2027年

ネットワークセキュリティの市場規模は、2019年に184億8,000万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて16.7%のCAGRを記録し、2027年には633億9,800万米ドルに達すると予測されています。ネットワークセキュリティは、多数の技術、デバイス、プロセスをカバーする幅広い用語です。簡単に言えば、ソフトウェアとハードウェアの両方の技術を用いて、コンピュータネットワークとデータの整合性、機密性、アクセス性を保護するために設計された一連のルールと設定のことです。規模、業種、インフラにかかわらず、すべての組織は、増え続けるサイバー脅威から組織を守るために、ある程度のネットワークセキュリティ・ソリューションを導入する必要があります。サイバー犯罪者は、パンデミックを口実に、リモートワーカーの弱みを握ったり、新型コロナウイルスに対する世間の関心を利用しようとしたりして、不道徳な行為を増やそうとしています。これらの要因により、企業はセキュリティ支出をさらに増やし、リモートワーク環境に適応するためにネットワークセキュリティ・インフラを改善することが求められています。これにより、世界のネットワークセキュリティ市場には安定した成長機会が約束されています。

2019年、世界のネットワークセキュリティ市場のシェアはソリューションセグメントによって占められており、今後数年間もその優位性を維持することが予想されます。すべてのソリューションタイプは、ネットワークセキュリティ、デバイス管理、ネットワークパケット分析、組み込みセキュリティなど、さまざまなシステム部分に主に焦点を当てており、それによって市場成長のための高い収益性を持つシナリオを生み出しています。企業に対するサイバー攻撃の増加は、社会的にも経済的にも大きな損失をもたらしています。そのため、企業はセキュリティ対策への支出を増やすことが求められており、これが市場全体の有利な成長基盤となっています。さらに、在宅勤務制度により、クラウドやオンラインシステムへの依存度が高まっていることも、サイバー脅威のリスクを高める要因となっています。しかし、サービス分野が最も高い成長を示すと予想されています。サービスは、導入の初期段階でシステムの最適化にかかる時間とコストを削減します。サービスは、企業のエコシステムにおける個別のITソリューションの導入・統合を支援するもので、組織の重要な一部として機能します。サービスは、ソフトウェアやプラットフォームの効果的な機能をプロセス全体で保証するものであるため、エンドユーザーの間でサービスの採用が長期的に増加しています。このようなソフトウェアやプラットフォームの採用が増えることで、これらのサービスの需要が高まると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]