眼科手術室用顕微鏡の市場規模、2027年に5億9,318万米ドル到達見込み

眼科手術室用顕微鏡の市場概要

眼科手術室用顕微鏡の市場規模は、2019年に4億3,939万米ドル、予測期間中のCAGRは5.1%で、2027年には5億9,318万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19のパンデミックは、眼科手術室用顕微鏡市場に影響を与えています。世界各地でロックダウンが実施された結果、手術が延期され、病院を訪れる眼科患者の数が減少しました。また、通常の眼科検査は医師と患者が密接に接する環境で行われるため、涙が交差感染の原因となる可能性があります。そのため、眼科関係者は細心の注意を払う必要があります。

眼科手術を行うには、人間の眼は非常にデリケートな器官であるため、ミクロの世界で経過を観察する能力が必要です。手術用顕微鏡は、眼科手術に使用される光学機器で、人の目のあらゆる領域の小さな眼球構造を拡大して照明し、高品質な画像を外科医に提供します。眼科手術用顕微鏡には、固定式と調整式があり、一部のモデルでは、2つ目の「オブザーバー」としての双眼鏡が用意されており、中には独立してフォーカス機構を調整できるものもあります。

眼科手術室用顕微鏡の成長は、高齢者人口の増加や低侵襲眼科手術の有効性の増加などの要因に牽引されています。加えて、世界的に様々な眼関連疾患の発生率が急増していることも、眼科手術室用顕微鏡市場の成長を促進すると予想されます。しかし、関税の増加により医療機器の輸入が制限されていることが、世界市場の主な阻害要因となっています。さらに、メンテナンスコストの高さが市場成長の妨げになると予想されています。一方で、眼科における広範な研究開発努力と眼科イメージングの進化は、世界の眼科手術室用顕微鏡市場の拡大に有益な機会を提供すると予想されます。

COVID-19パンデミックの発生により、米国、中国、日本、インド、ドイツなどの主要国では、長期にわたるロックダウンのため、必要不可欠な物品に該当しない生産設備の一部または全部が停止しました。また、COVID-19陽性患者の増加により、緊急性のない外科手術や院内治療が延期されるようになり、病院での手術トレーニングや患者の通院回数が減少しました。さらに、眼科用顕微鏡は、外科医にとってCOVID-19感染のリスクを著しく高めることが明らかになりました。これは、眼科の日常検査は通常、医師と患者が密接に接触する環境で行われるため、涙に含まれるCOVID-19が眼科医の交差感染源となる可能性があるためです。そのため、眼科医は細心の注意を払わなければなりません。したがって、これらの要因が眼科手術室用顕微鏡の市場成長を遅らせています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]