ニトロセルロースの市場規模、2027年に12億米ドル到達見込み

ニトロセルロースの市場展望 – 2020-2027年

ニトロセルロースの市場規模は、2019年に8億米ドル、2020年から2027年までのCAGRは5.5%で成長し、2027年には12億米ドルに達すると予測されています。

ニトロセルロースは、セルロース、硝酸、その他の重質硝酸化合物から作られる高可燃性の化合物です。硝化綿は、低発火性の爆発物や推進剤として使用される場合、ガンコットンと呼ばれます。セルロースが完全に硝酸化されていない場合は、プラスチックフィルムとして、また木製のコーティングやインクの印刷にも使用されます。今後6年間、爆薬、印刷缶、木工用コーティング、プラスチックフィルムなどの幅広い用途により、ニトロセルロースの世界的な需要は発展すると予想されます。

メーカーは、進化する規制要件を満たすために、塗料やコーティング剤の処方を見直すよう求められており、これがニトロセルロース市場の発展を促進すると予想されています。さらに、ファッショントレンドの変化や高品質な衣料品への顧客支出の増加により、快適で多機能な衣料品や履物の需要が高まり、これがニトロセルロース市場の成長を後押しすると予想されます。さらに、革製品の外観を向上させ、熱や湿気から保護するために、高光沢またはマットな仕上げが必要とされており、これがニトロセルロース産業に利益をもたらしています。

一方、世界各国の政府は、公共の利益を守り、材料の悪用を避けるために、この商品を販売する際に輸入者に輸入許可証の取得を義務付ける法律や政策を次々と発表しています。工業用ニトロセルロースは危険物に分類され、爆発性物質に関する様々な規制を受けます。そのため、より多くの予防措置がとられ、結果としてコストが高くなっています。さらに、工業化が進むことで、さまざまな新しいビジネスチャンスが生まれると予測されています。

ニトロセルロースの世界市場は、製品、用途、地域に分けられます。製品別では、Mグレードセルロース、Eグレードセルロース、その他に分類されています。用途別では、印刷インキ、自動車用塗料、ウッドコーティング、レザーフィニッシュ、ネイルワニス、その他に区別されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

世界のニトロセルロース市場で事業を展開している主要プレイヤーは、EURENCO、GRN Cellulose Pvt. Ltd.、Hagedorn NC、Hengshui Orient Chemical Co., Ltd.、Nitrex Chemicals India Pvt. Ltd.、Nitrocellulose Group、Nitro Quimica、North Sichuan Nitrocellulose Corporation、Synthesia a.s.、TNC Industrial Co. Ltd.などがあげられます。

ニトロセルロース市場:製品別

2020年のニトロセルロース市場では、Mグレードセルロースのセグメントが大きなシェアを占めています。これは、増粘剤や乳化剤として、潤滑油や栄養補助食品のカプセルなどの消費者製品によく使用されています。自動車産業や航空宇宙産業からの乳化剤の需要は増加傾向にあります。その結果、Mグレードセルロースの需要は予測期間中に大幅に増加し、ニトロセルロース市場の成長を促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]