コネクター市場規模、2027年に981億2,000万米ドル到達見込み

コネクター市場の展望 – 2027年

コネクター市場規模は、2019年に641億7,000万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは6.7%を記録し、2027年には981億2,000万米ドルに達すると予測されています。コネクターは電気機械装置であり、電気導体を接続したり、電気回路を形成するために使用されます。コネクターは、電子機器や電気産業のほぼすべての分野で使用されており、最も広く使用されている電気・電子部品の一つです。

コネクターは、機器間の接続を確立する必要がある場合に使用され、ユーザーに非常に大きな柔軟性を提供します。一般的にコネクターは、プラグ(オス)とソケット(メス)で構成されています。メス型コネクターは、通常、オス型コネクターを受け止めるレセプタクル(受け皿)です。これらは、膨大な種類の多様な要求がある様々な分野で膨大な数が使用されています。そのため、市場にはさまざまなタイプのコネクターが存在します。PCBコネクター、I/Oコネクター、丸型コネクター、光ファイバコネクター、RF同軸コネクターなどがあげられます。

また、bncコネクター、xlrコネクターなどのコネクターや、標準及び高温用ねじ込み式電線コネクター、ねじ込み式電線コネクター、ウィング式電線コネクター、プッシュイン式電線コネクターなどの電線コネクターは、様々な用途に広く使用されています。bncコネクターは、無線アンテナ、原子力機器、アナログおよびシリアルデジタルインターフェースのビデオ信号などの信号接続に使用されています。一方、xlrコネクターは、主に業務用の音響・映像・舞台照明機器に使用されるxlrケーブルの接続に使用されます。コネクターは、回路の中で重要な役割を果たしており、その信頼性は非常に重要です。接触不良やコネクターの緩みは、機器の故障の原因となります。

世界のコネクター市場は、予測期間中に大きな成長が見込まれています。急速な都市化と家庭用電化製品の需要拡大、産業、防衛、自動車など様々な分野での自動化技術の普及などの要因がコネクター市場の成長を促しています。また、自動車分野では、先進的な安全機能の採用や、自動車に搭載される電子部品の増加、世界的な自律走行車の増加などが要因となっています。しかし、銅などの原材料価格の変動は、世界のコネクター業界にとって大きな阻害要因となっています。また、5GやIoT技術の登場により、通信業界や自動車業界からの需要が急増していることも、コネクター市場にチャンスをもたらすと考えられます。

世界のコネクター市場は、製品タイプ別、エンドユーザー別、地域別に分類されています。製品タイプ別では、PCBコネクター、I/Oコネクター、丸型コネクター、光ファイバコネクター、RF同軸コネクター、その他に分けられます。エンドユーザー別では、家庭用電化製品、通信、自動車、エネルギー・電力、航空宇宙・防衛、その他に分けられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]