薬剤溶出ステント市場、2027年に87億7,700万米ドル到達見込み

薬剤溶出ステント市場は、2019年に63億8,200万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて8.7%のCAGRを記録し、2027年には87億7,700万米ドルに達すると予測されています。

薬剤溶出ステント(DES)は、狭くなった疾患のある末梢動脈や冠動脈に留置するステントで、細胞の増殖を阻害する薬剤をゆっくりと放出します。薬剤溶出ステントは薬剤でコーティングされており、動脈壁の瘢痕組織の成長を防ぐために薬剤が溶出されます。溶出された薬剤は、動脈が滑らかで露出した状態を維持し、十分な血流を確保し、再狭窄の可能性を減少させます。DESは、血管の治癒力を高め、低侵襲性で、二重抗血小板療法の必要性を低減するなど、様々な利点があることから、冠動脈疾患の治療におけるゴールドスタンダードとみなされています。DESを植え込まれた患者には、特定の薬や薬物療法の使用が推奨されます。この治療法は、治癒プロセスが比較的遅くなるため、ステント内血栓症のリスクを低減するのに役立ちます。

高齢者は動脈疾患を発症するリスクが高いため、高齢者人口の増加が薬剤溶出ステント市場の成長を牽引しています。また、不健康な食生活、座りっぱなしの生活、運動不足は、世界的に動脈硬化の有病率を高め、市場の成長を促進しています。さらに、薬剤溶出ステントの製品承認の増加とDES留置の低侵襲技術が、薬剤溶出ステント市場の成長を促進しています。さらに、異常な心臓リズム、心臓発作、心臓弁膜症、先天性心疾患、心不全など、いくつかの心血管疾患の有病率が上昇していることも、市場の成長を後押しすると予想されます。しかし、製品承認に関する政府の規制が厳しく、市場の成長を妨げています。逆に、新興国における潜在的な可能性の高まりは、予測期間中の市場成長に有利な機会をもたらすと予想されます。

COVID-19のパンデミックは、世界中のあらゆる産業に影響を与えています。例えば、COVID-19がWHOによってパンデミックと宣言された後、世界各国は感染の拡大を抑えるための措置として、社会的距離を置くために全国的なロックダウンを採用しました。これにより、あらゆる産業の各分野で混乱、制限、課題、変化が生じました。同様に、薬剤溶出ステントを製造・販売する企業も、COVID-19の影響を受けている国での操業停止や、COVID-19の流行により医療従事者が病気になるケースが増え、供給不足に陥っていることから、COVID-19の影響を限定的に受けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]