有機染料の市場規模、2027年に51億米ドル到達見込み

有機染料の市場展望 – 2027

有機染料の市場規模は、2019年には33億米ドル、2020年から2027年までのCAGRは5.8%で成長し、2027年には51億米ドルに達すると予測されています。

COVID-19パンデミックの発生により、主要国ではロックダウンが長期化し、生産設備の一部または全部が停止していました。しかし、塗料・コーティング業界からの需要の高まりや、新規スタートアップ企業への旺盛な投資により、市場の需要は徐々に改善されていくと思われます。

染料は、プラスチックや繊維、紙などの製品に色をつけるために使われる物質です。無機染料とは異なり、有機染料は炭素原子と炭素系分子で構成されています。有機染料の化学結合は、無機染料よりも強いです。しかし、有機染料はプラスチックへの溶解性が高いです。代表的な染料には、反応型、バット型、酸型、媒染型などがあります。

有機染料市場では、環境に配慮した製品の需要が急増していることが大きな原動力となっています。また、合成染料によるアレルギー反応や、腹部膨満感、嘔吐、チアノーゼなどの乳幼児への悪影響が、消費者の有機染料への嗜好を変え、世界市場の成長に貢献しています。また、繊維、紙、パルプなどの印刷用インクへの有機染料の使用が増加していることも、有機染料市場の成長を促進すると考えられます。様々な天然染料は、デジタル捺染に広く使用されており、水性インクの調製に使用されています。さらに、有機染料は、塗料やコーティングの分野でも広く使用されています。建築業界では、美観を保ちつつ耐久性を高めるために、石材、壁、床タイル、屋根タイルなどに使用されています。しかし、天然染料は、無機染料に比べてコストが高いです。例えば、1ポンドの綿花は5グラムの無機染料で着色できますが、同じ量の綿花を着色するには230グラムの有機染料が必要です。しかし、有機染料は原料の制約から、季節によって入手できる量が異なる場合があります。そのため、オーガニック染料の使用が制限されることがあります。逆に、活発な研究開発活動と業界プレイヤーの旺盛な投資は、同市場に潜在的な成長機会を提供すると期待されています。

有機染料市場は、製品タイプ、アプリケーション、地域に分かれています。製品タイプでは、酸、塩基性、反応性、分散性、直接性、硫黄性、その他に分類されます。用途別では、プラスチック、塗料・コーティング剤、印刷インキ、繊維、その他に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]