輸送管理システム市場規模、2027年に113億6,700万米ドル到達見込み

輸送管理システムの市場洞察 – 2027年

輸送管理システムの市場規模は、2019年に54億6,700万米ドル、2020年から2027年にかけて9.6%のCAGRを記録し、2027年には113億6,700万米ドルに達すると予測されています。輸送管理システム(TMS)は、サプライチェーンの一部である輸送プロセスを合理化するために設計されたプラットフォームであり、製品の発注から最終配送までの輸送に関連するあらゆる事項の監視、組織化、管理、処理を行います。TMSプラットフォームの人気は高まり続けています。最近の調査によると、約35%の企業が輸送ネットワークの管理にTMSプラットフォームを利用しています。物流や輸送が複雑化し、ビジネスが成長するにつれ、輸送管理システムの必要性はより一層高まっています。技術的には、TMSは、ユーザーが膨大なリアルタイムデータを活用し、より簡単な意思決定を行い、最適な輸送ソリューションを計画・戦略するための、より優れた取引・通信システムを実現します。

現在の市場の変動は、グローバル企業の全体的な成功と評価におけるサプライチェーンの重要な役割を浮き彫りにしています。今日のサプライチェーンは非常に複雑で、複数の地域にまたがる無数のパートナーが、前例のない、絡み合ったグローバルな貿易エコシステムの一部となっています。COVID-19の大流行により、世界のサプライチェーンは、注文をできるだけ早く完了して出荷することを急がなければならなくなり、エンドユーザーの間で輸送管理システムの導入が進んでいます。

コンポーネント別に見ると、2019年の世界の輸送管理システム市場は、ソリューションがサプライチェーンプロセス全体の最適化に役立ち、それによって高い利益率と成長が得られることから、ソリューションセグメントが優勢でした。輸送業界におけるデジタルトランスフォーメーションは、あらゆる企業のROIを向上させるための競争を促すことが証明されています。そのため、コネクテッド・ウェアハウスから新しいマイレージ配送サービスまでデジタルを導入することで、最終的にTMSの価値と存在感が高まり、旧態依然とした業界が地域開発の変化を促す刺激的な場へと変化していきます。しかし、導入の初期段階でシステムの最適化にかかる時間とコストが削減できることから、サービス分野が最も高い成長を示すと予想されます。クラウドベースの交通管理システムの多くは、SaaS(Software-as-a-Service)として販売されています。これは、ユーザーがテクノロジーを買い切りではなく、月単位または年単位で契約することを意味します。これは、費用対効果が高く、ユーザーは常に最新バージョンのソフトウェアを利用することができます。さらに、IoTやクラウドベースのサービスなどの技術の進歩が、市場全体の成長の機会となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]