エンベロープトラッキングチップの市場規模、2027年に31億5,000万米ドル到達見込み

エンベロープトラッキングチップの市場展望 – 2027年

エンベロープトラッキングチップの市場規模は、2019年には15億7,000万米ドル、2020年から2027年にかけて9.6%のCAGRで成長し、2027年には31億5,000万米ドルに達すると予測されています。エンベロープトラッキングは、高周波パワーアンプ製品のエネルギー効果の向上を支援することから、迅速な電源供給方法として注目されています。この技術では、入力電源をエンベロープに合わせて繰り返し変化させます。高帯域のエンベロープトラッキング・ソリューションを使用することで、電流使用量を約75%削減することができます。

エンベロープトラッキングは、ワイヤレス・パワー・アンプの性能を向上させるために利用される最も適切な戦略である可能性があります。タブレットや携帯電話のような顧客のガジェット製品の熱効率やバッテリー寿命を向上させるためには、共同設計がより重要であり、エンベロープトラッキングはそのような製品を作るのに適した方法です。

エンベロープトラッキングチップの世界市場は、予測期間中に大きな成長が見込まれています。この市場の成長を支えているのは、信号範囲の拡大、熱放散の低減、バッテリー寿命の延長などの要因です。しかし、ETモジュールを設計するためには、高い帯域幅と複雑なアーキテクチャが必要であることが、世界のエンベロープトラッキングチップ産業の主な阻害要因となっています。また、通信分野での先端技術の導入の増加は、エンベロープトラッキングチップ産業にチャンスをもたらすと期待されています。

セグメント概要

世界のエンベロープトラッキングチップ市場は、技術、アプリケーション、エンドユーザー、地域に分けられます。技術別では、市場はセルラー通信、無線通信、衛星通信に分類されます。アプリケーション別では、市場はスマートフォン、ウェアラブルデバイス、その他に分類されます。エンドユーザー別では、家庭用電化製品、宇宙・航空、自動車、通信、その他に分類されています。

地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、その他欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、韓国、その他アジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分類されています。アジア太平洋地域は、家電製品の需要が伸びていることや、インターネットの普及率が高いことから、エンベロープトラッキングチップ市場を席巻しています。また、アジア太平洋地域は、予測期間中に大きな成長率を記録すると予測されています。さらに、北米が2位、欧州が3位となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]