水素エネルギー貯蔵の市場規模、2027年に254億米ドル到達見込み

水素エネルギー貯蔵の市場展望 – 2027年

水素エネルギー貯蔵の市場規模は、2019年に154億米ドル、2020年から2027年にかけて6.5%のCAGRで成長し、2027年には254億米ドルに達すると予測されています。化学エネルギー貯蔵の一種である水素エネルギー貯蔵は、電力を水素の形で貯蔵するために使用されます。水素は水の電気分解によって生成され、ガスは必要に応じて中型または大型の容器に貯蔵されます。このガスは、内燃機関または燃料電池でエネルギーに変換することができます。通常、水素エネルギーは、液体、固体、気体の3つの形態で貯蔵されます。ガス状の水素を貯蔵するには高圧のタンクが必要ですが、液体状の水素は極低温下でしか貯蔵できません。水素貯蔵は、燃料電池技術を用いた定置用電源や輸送用電源に広く利用されています。

余剰電力を利用した水素エネルギー貯蔵の需要の増加が、市場の成長を牽引すると予想されます。異なるエンドユーザーにおける化石燃料の代替としての水素貯蔵のアプリケーションの増加は、市場の成長を促進すると予想されます。例えば、2018年7月、カナダで天然ガスを販売するEnbridge Gas Distribution社とHydrogenics社は、カナダ・オンタリオ州のMarkham水素エネルギー貯蔵施設を利用したパワー・ツー・ガス施設を開設しました。さらに、持続可能なエネルギーサービスへの注目が高まっていることも、市場の成長を後押しします。水素エネルギーは、グリッドエネルギーサービスや輸送分野に利用することができます。世界各国の政府が持続可能なエネルギー源を重視していることから、この市場は予測期間内に着実に成長すると考えられます。 しかし、燃料電池で使用される水素エネルギーは、商業施設や住宅のエネルギー需要をカバーするには非常に小さいものです。また、液体水素のエネルギー貯蔵には、気化を防ぐための高い断熱材のコストがかかるため、資本コストが高くなります。それにもかかわらず、政府からのインセンティブ制度や業界プレイヤーからの旺盛な投資により、市場の成長は徐々に改善される可能性があります。例えば、2019年6月、米国のエネルギー貯蔵の全国的な業界団体であるEnergy Storage Associationは、エネルギー貯蔵の税制優遇と展開法を提起しました。この法律によると、水素貯蔵を含むすべてのエネルギー貯蔵技術が、税制優遇措置の対象となります。このような新しい動きは、市場にさらなるチャンスをもたらすでしょう。

水素エネルギー貯蔵市場のセグメント

世界の水素エネルギー貯蔵市場は、製品タイプ、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。製品タイプに基づいて、液体、固体、気体に分類されています。アプリケーションに基づいて、市場は定置型電源、ポータブル電源、輸送、その他に分類されます。エンドユーザーに基づいて、市場は産業用と商業用に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]