合成ガスの市場規模、2027年に665億米ドル到達見込み

合成ガス市場の展望 2027年

合成ガスの市場規模は、2019年には436億米ドル、2020年から2027年にかけて6.1%のCAGRで成長し、2027年には665億米ドルに達すると予測されています。合成ガスは、主に一酸化炭素、水素、および一定量の二酸化炭素で構成される燃料ガスです。合成ガスはガス化の結果であり、その主な用途は発電です。合成ガスは、液体燃料や気体燃料を処理するための理想的な選択肢です。需要の増加に伴い、発電会社は合成ガスを含む多くの代替品に目を向けています。さらに、環境問題の高まりや、再生可能な燃料の使用を奨励する政府の政策の実施が、市場の成長を後押ししています。

世界の合成ガス市場の成長を促している主な要因の1つは、化学産業における合成ガスの需要の増加です。これは、合成天然ガス(SNG)の製造に合成ガスが使用されていることに起因しています。SNGは、液化天然ガス(LNG)や圧縮天然ガス(CNG)の形で鉄道、船舶、道路輸送業界で使用されています。さらに、合成ガスは、エネルギーコストが低い、安定性が高い、ガスエンジンの燃料として電力供給に利用できるなどの利点があり、世界的に需要が高まっています。また、UCG(地下石炭ガス化法)が開発され、石炭を合成ガスに変換する原位置ガス化プロセスが完成したことで、合成ガスの需要が増加しています。これにより、ガス化プラントへの原料の輸送が不要となり、コスト面で大きなメリットが得られることから、需要が拡大しています。さらに、環境意識の高まりや、再生可能燃料の使用に関する政府の厳しい規制の実施も、業界の成長に大きく貢献しています。さらに、合成ガスは、埋立地における大気中の廃棄物の排出や温室効果ガスの削減に不可欠であり、これが合成ガス市場の成長を促進しています。しかし、市場の成長を抑制する要因としては、高額な設備投資と、ハイテクなガス化技術を導入した運用プラントの構築に多大な時間を要することが挙げられます。逆に、地下石炭ガス化技術の開発は、市場拡大の機会として期待されています。

世界の合成ガス市場は、ガス化炉、技術、原料、用途、地域に分けられます。ガス化炉により、市場は移動床式ガス化炉、流動床式ガス化炉、エントレインフロー式ガス化炉、その他に分類されます。技術別では、水蒸気改質、部分酸化、自動熱改質、複合または二段階改質、バイオマスガス化に分類されます。原料別では、天然ガス、石炭、バイオマス/廃棄物、その他に分類されます。用途別では、発電、化学、その他に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

世界市場で事業を展開している主要企業には、エア・リキード、エア・プロダクツ・アンド・ケミカルズ社、BASF SE、ジョン・ウッド・グループ、ロイヤル・ダッチ・シェル、サソール・リミテッド、シーメンス、合成ガス・エナジー・ホールディングス、合成ガス・テクノロジーLLC、リンデ・グループなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]