速効型インスリンの市場規模、2027年に89億2,500万米ドル到達見込み

速効型インスリンの市場規模は、2019年に71億米ドル、2020年から2027年にかけて4.1%のCAGRで2027年には89億2,500万米ドルに達すると予測されています。

呼吸器疾患や糖尿病など、さまざまな健康問題を抱える患者は、COVID-19の影響を受けるリスクが高いです。糖尿病患者の死亡率は、一般人口に比べて高いことがわかっています。即効性のあるインスリンが不定期に供給されなければ、糖尿病患者は数日以内に死亡します。このような状況を打開するために、インスリン製造企業は患者に製品を提供するための様々な手段を講じており、これが近い将来の市場成長の原動力となっています。一方で、速効型インスリンの供給不足はありませんが、インスリンの使用量は減少しています。

速効型インスリンは、導入後15分以内に作用を開始するインスリンの一つです。このインスリンの作用は5時間持続することになっています。市場に出回っている速効型インスリンには、Humalog、Fiasp、NovoRapid、Apidraなどがあります。

中国の武漢市で発生したCOVID-19感染症は、今や世界中に広がっています。ほぼすべての国がこのアウトブレイクに対処しています。さらに、各国政府による封鎖宣言の影響で、ほとんどの市場が縮小しています。しかし、COVID-19の発生は、慢性疾患の治療や管理を行う産業の成長機会に貢献すると期待されています。2020年に米国糖尿病協会が発表した記事によると、糖尿病を患っている人はCOVID-19による深刻な合併症を患う可能性が高いとされています。さらに、糖尿病に加えて心臓病やその他の合併症を患っていると、COVID-19による重症化の可能性が悪化すると考えられます。このため、COVID-19の流行時には、大手企業は最大のシェアを獲得するために様々な戦略を採用しました。例えば、2020年4月、COVID-19による緊急事態に対応するため、イーライリリー・アンド・カンパニーは「リリー インスリン バリュープログラム」を導入しました。このプログラムでは、市販の保険に加入している人も、全く保険に加入していない人も、リリーのインスリンの毎月の処方箋を35米ドルで埋めることができます。さらに、このプログラムは指定された日から有効となり、ヒューマログ(インスリンリスプロ注射液100単位/mL)のすべての製剤を含む、ほとんどのリリーインスリンが対象となりました。一方で、速効型インスリンの供給不足はありません。

世界の速効型インスリン市場の成長は、主に世界的な糖尿病の有病率の急増に牽引されています。ヒト遺伝子組み換えインスリンの研究開発(R&D)への投資の増加は、糖尿病の管理に使用されるインスリンの必要性を高め、市場の成長を後押しすると予想されます。さらに、座りっぱなしの不健康な生活は、体重過多や肥満、不健康な食事、運動不足などにより、糖尿病のリスクを倍増させ、糖尿病の有病率増加の約80%を占めています。しかし、低血糖などの副作用のために速効型インスリンの採用に消極的であることが、この業界の成長を妨げている可能性があります。逆に、発展途上地域の未開拓市場や未診断人口は、速効型インスリン市場の成長に有利な成長機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]