アクチュエーターとバルブの市場規模、2027年に1,493億1,000万米ドル到達見込み

アクチュエーターとバルブの市場規模は、2019年に1,011億4,000万米ドル、2020年から2027年にかけて6.1%のCAGRを記録し、2027年には1,493億1,000万米ドルに達すると予測されています。アクチュエーターとバルブは、様々な産業において、様々なプロセスで流体の流れを調節したり、指示したりするために使用されています。バルブは、様々な管を開いたり、閉じたり、部分的に遮断したりすることで、流体(気体、液体、スラリー)の流れを調整・制御する装置です。アクチュエーターとは、バルブを動かしたり調整したりする機械の部品です。バルブは、アクチュエーターからの力によって弁体やディスクの位置が変化し、流体の流量を調節します。アクチュエーターとバルブは、上下水道処理、食品・飲料、石油・ガス、精製、紙・パルプ、鉱業、化学、医療、海洋、エネルギー、建設など、さまざまな最終用途の産業で使用されています。

世界のアクチュエーターとバルブ業界は、上下水道処理業界の成長を背景に、予測期間中に成長が見込まれています。また、産業界における安全対策の強化も市場の成長を後押ししています。さらに、先進的な加工方法の使用は、アクチュエーターとバルブ市場の見通しを大きく変えると考えられます。このような要因から、近い将来、市場は急成長すると予想されます。また、環境規制の変化や製品の発売数の多さも、アクチュエーターとバルブ市場の成長を後押ししています。しかし、製品の差別化ができていないことが市場の成長を妨げています。さらに、ロボット工学の導入が進んでいることも、市場に有利な機会をもたらしています。

現在進行中のCOVID-19パンデミックは、世界経済を急激に変化させました。また、インフラ開発・設置プロジェクトの急激な減少により、自動車・産業用およびエネルギー・電力産業用のアクチュエーター・バルブ市場が阻害されることが予想されます。しかし、COVID-19のパンデミック時には、ヘルスケア分野からのアクチュエーターとバルブへの大きな需要が、世界のアクチュエーターとバルブ業界を加速させました。

世界のアクチュエーターとバルブ市場は、タイプ別、アプリケーション別、地域別に分類されています。タイプ別では、アクチュエーターとバルブに分けられます。アクチュエーターは、電気式、機械式、空圧式、油圧式に分類されます。また、バルブは、マルチターンバルブとコントロールバルブに分類されます。2019年のアクチュエーターとバルブ市場では、バルブセグメントが収益面で圧倒的なシェアを占めており、予測期間中も同様の傾向が見込まれています。アプリケーション別では、オイル&ガス、紙・パルプ、鉱業、上下水道、食品・飲料、エネルギー・電力、自動車、その他に分類されます。2019年はオイル・ガス分野が最も高い市場シェアを占めており、自動車分野は2019年から2027年にかけて高いCAGRで成長することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]