BFSIにおけるデジタルトランスフォーメーションの市場規模、2027年に1,640億8,000万米ドル到達見込み

BFSIにおけるデジタルトランスフォーメーションの市場規模は、2019年に524億4,000万米ドル、2020年から2027年にかけて15.4%のCAGRで成長し、2027年には1,640億8,000万米ドルに達すると予測されています。BFSIにおけるデジタルトランスフォーメーションとは、現代の企業が業務活動を改善し、売上を向上させるために使用する一連の方法論、ツール、プロセスのことです。BFSIにおけるデジタルトランスフォーメーションの主な目的は、銀行・フィンテック企業のプロセスを自動化・デジタル化し、組織の重要なプロセスを合理化することです。BFSIにおけるデジタルトランスフォーメーションには、セキュリティ機能の強化、リスク管理プロセスの改善、反復的なタスクの自動化など、数多くのメリットがあります。

COVID-19パンデミックは、BFSI業界におけるブロックチェーン技術の需要を大きく押し上げました。これは主に、多くの銀行やフィンテック業界が、顧客に安全な取引チャネルを提供するためにブロックチェーン技術を採用していることに起因します。これに加えて、取引の透明性と説明責任に対するニーズの高まりや、クロスボーダー決済での採用拡大などの要因が、パンデミックの状況下でのブロックチェーン技術の成長を後押ししています。

BFSIにおける世界的なデジタルトランスフォーメーションの市場動向の成長を促進する主な要因としては、様々な銀行によるデジタル技術の採用の増加や、顧客体験を強化・向上させるためにフィンテックの間でデジタルサービスのニーズが急増していることが挙げられます。また、特定の銀行のニーズに合わせてITソリューションをカスタマイズするケースも増えており、市場の成長にプラスの影響を与えています。しかし、デジタル技術の導入・維持コストの高さや、データ盗難やサイバー攻撃に関連するセキュリティやプライバシーへの懸念が、BFSIにおけるデジタルトランスフォーメーション市場の成長を妨げると予想されます。一方で、AIや機械学習などの先進技術を採用する企業が増加していることから、予測期間中の同市場の拡大に向けて、収益性の高い機会を提供することが期待されています。

大企業セグメントは、2019年のBFSI業界におけるデジタルトランスフォーメーションを支配しており、大企業の間で資産保護、評判管理、サプライチェーンリスク、IP保護、競合他社分析などのさまざまな要因が増加していることから、予測期間中もその優位性を維持すると予測されています。さらに、中小企業では、デジタルサービスの導入が急増しており、世界的に収益機会の拡大と市場価値の向上が見込まれていることから、予測期間中に大幅なCAGRで成長することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]