住宅保険市場、2027年に3,950億4,000万米ドル到達見込み

住宅保険市場の展望 – 2027年

住宅保険市場は、2019年に2,254億2,000万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて7.3%のCAGRを記録し、2027年には3,950億4,000万米ドルに達すると予測されています。住宅保険とは、財産保険の一種であり、住居に起きたすべての損失や損害に対して個人を経済的に保護するものです。ホームオーナーズ・インシュアランス、ハウスホールド・インシュアランス、プライベートプロパティ・インシュアランスなどと呼ばれることもあります。家財保険は、家財の損害だけでなく、契約者の怪我や物的損害に対する法的責任をカバーするパッケージ保険です。これには、家庭内のペット、火災、盗難、破壊行為などによる損害が含まれます。しかし、自然災害の中には、通常の住宅保険ではカバーされないものがあります。洪水、地震、住宅のメンテナンス不良などがこれにあたります。

世界的な世帯数の増加、政府による取り組みの増加、事故や人災の増加などが、世界の住宅保険市場の成長を促進する主な要因となっています。しかし、住宅保険に関する認知度の低さが、市場の成長を妨げています。一方で、新興国の未開拓の可能性と、住宅保険業界における新たな技術開発が、予測期間中の市場拡大に有利な機会を提供すると期待されています。

地域別に見ると、2019年の住宅保険市場は北米が独占しており、予測期間中もその地位を維持することが予想されています。この地域の市場成長を促進する主な要因としては、米国における主要プレイヤーの存在により、生涯にわたる投資を保護するために、同国でH0-3の住宅保険の大量購入が行われていることが挙げられます。しかし、アジア太平洋地域は、新興国であること、人口が急増していること、中間所得層が多いことなどから、予測期間中に大きな成長が見込まれています。さらに、日本、マレーシア、オーストラリア、タイなどの政府は、すべての居住者に住宅保険の加入を義務付ける規制の策定に注力しており、この地域の市場拡大に有利な機会を提供しています。

セグメントレビュー

住宅保険市場は、補償内容、エンドユーザー、地域に分けられます。補償内容では、包括的な補償、住居の補償、コンテンツの補償、その他のオプションの補償に分類されています。エンドユーザー別では、家主と借主に分けられます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けて分析しています。

住宅保険市場COVID-19インパクト分析

住宅保険業界は、その発展のために継続的な投資を記録し、経済成長に大きく貢献してきました。しかし、COVID-19パンデミックの発生により、この業界は経済的に不安定な状態になっています。加えて、収入や雇用に関する不確実性が高まったことで、個人が住宅購入を延期することが観察されています。いくつかの調査によると、80%の世帯が住宅購入の意思決定を延期しています。これは、住宅ローンの貸し手が、住宅購入時にかかる費用である住宅保険を要求しているためです。しかし、危機の際の金融不安や流動性の逼迫により、住宅保険の需要は適度に減少しています。COVID-19のパンデミック時には、誰もが家に閉じこもり始めたため、保険会社は保険金請求の増加を予想しています。したがって、COVID-19は、住宅保険会社にとって、パンデミック中の消費者をサポートするための柔軟な支払いプランを提供することで、ビジネスを拡大する機会となっています。例えば、Allstate Insurance Companyは、Shelter-in-Place Paybackスキームにより10億米ドルをキャッシュバックして顧客をサポートしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]